0

CROSS TALK 01

他の会社と比べて、いいところを教えてください!

キャリア入社社員 座談会

企業にはそれぞれのカラーがあり、他の会社を経験した人だからこそ気づける独特の雰囲気もある。
今回集まってもらったのは、絶賛活躍中のキャリア入社の4人。
「前職とくらべて、ブレインパッドはどう?」をテーマにいろいろと語ってもらいました。

Member

NAME 渥美 達也
JOB エンジニア

金融系のシステムを扱うエンジニアとして働いた後、フリーランスのエンジニアとして活躍。改めて企業で働こうとしたタイミングで、自社プロダクトの開発に携わりたいと考え、ブレインパッドに入社。

金融系のシステムを扱うエンジニアとして働いた後、フリーランスのエンジニアとして活躍。改めて企業で働こうとしたタイミングで、自社プロダクトの開発に携わりたいと考え、ブレインパッドに入社。

NAME 今津 義充
JOB データサイエンティスト

研究機関での勤務を経て、より実践的で誰かの役に立つ業務を求め、ブレインパッドに入社。現在は主に、受託でのデータ分析業務を行う。

研究機関での勤務を経て、より実践的で誰かの役に立つ業務を求め、ブレインパッドに入社。現在は主に、受託でのデータ分析業務を行う。

NAME 押川 幹樹
JOB コンサルタント

学生時代の専攻は物理。コンサルティング会社を経て、よりデータに基づいたコンサルティングや課題解決を行う企業を求め、ブレインパッドに入社。

学生時代の専攻は物理。コンサルティング会社を経て、よりデータに基づいたコンサルティングや課題解決を行う企業を求め、ブレインパッドに入社。

NAME 和田 磨美
JOB マーケティング

PR会社、マーケティング会社を経て、BtoBでデータに重きを置くマーケティングを行っている企業で働きたいと考え、ブレインパッドに入社。

PR会社、マーケティング会社を経て、BtoBでデータに重きを置くマーケティングを行っている企業で働きたいと考え、ブレインパッドに入社。

Talk

今津今回はキャリア採用社員同士の座談会ということなのですが、どんな感じで始めましょうか。

押川他の会社を経験してきたからこそ感じるブレインパッドの特徴的な文化や、働くメリットなんかを語るっていうのがよいかなと思ってます。

今津なるほど。ちなみに、今日初対面の人っていますか?

和田渥美さんとは、ついこの前初めてお話しましたね。『肉会』で。

押川出た、ブレインパッドのランダムランチ会制度ですね。
※肉会とは、社員同士のコミュニケーション促進を目的とした制度。ランダムに全社員の中から3名が選出され、3名全員が参加OKとした場合に食事代が補助される。

渥美そうでしたね。普段の仕事では全く接点はないですが、こんな短い期間の間にまたお会いするとは(笑)。

押川肉会で一緒になった人同士って、その後のプロジェクトで不思議と一緒になることが結構あるらしいと噂です。
今日も、そんなふうに呼び寄せられたのかもしれませんよ(笑)。

今津それは面白いね。じゃあ全員面識はあるということだけど、今日は改めて、自己紹介から始めましょうか。

ブレインパッドへ入社した経緯を教えてください。

今津私は理系大学院で物理を研究していたんですが、卒業後にある研究機関で働いていて、アカデミックな道をいこうという気持ちもありつつ、民間企業での仕事も視野に入れていました。ちょうど「ビッグデータ」というワードが世間で話題になり始めたころだったのもあって、転職してみようと。それがブレインパッドだった。

押川物理をやっていたのは私も一緒です。もともとデータなどには興味があって、その後コンサルティング企業に就職したのですが、もっとデータを専門的に扱いたいという気持ちが芽生えて転職しました。

渥美私は新卒で入った会社が金融系のSIerで、システム開発のエンジニアをしていました。その後、個人事業主として働いていた時期もあったのですが、もう少し長期的にひとつの製品に携わったり、製品の発展を見届けるようなことをしたいなと考えて。自社のプロダクトを持っている企業を探した結果、ブレインパッドと出会いました。

和田私はブレインパッドで3社目です。最初は広報PR系の仕事で、次がマーケティングの仕事でした。前職ではBtoC商品を扱う企業の案件が多かったので、もう少しBtoB寄りの仕事をしたいなと考えていたときに、ブレインパッドを知りました。

他の会社とくらべて、ブレインパッドってどんな会社?

今津3社経験している和田さんに聞きます。ブレインパッドって他の企業と比べてどんな特徴があると思います?

和田変わってる人が多い!(笑) 他社にいたときよりも「個性的だな!」と感じる人が多い気がします。社内で見かける書籍も「こんなの私だったら絶対手に取らないわ~」みたいな難しいデータサイエンスの本がたくさんありますし、各仕事のスペシャリストとして極めすぎて、個性が尖っている人がたくさんいます。

押川たしかに、ユニークな人が多いかもしれないですね(笑)。でも我々自身も「変わり者」だと思われているから、今日こうして座談会に呼ばれているのかもしれないですけど。

和田たしかにそうかも(笑)。

押川スペシャリストとして極めている感じは、僕のいる部署にも雰囲気としてあります。いい意味で上手な分業が出来ているというか。ここはスペシャリストに任せようと、信頼できる空気があるのはいいと思います。

渥美私が所属するマーケティングプラットフォーム本部は逆ですね。職責はもちろんはっきりしているのですが、いい意味で枠にはめていないというか、それを越えた動きがしやすいんです。職種など関係なくお互い意見を言い合ったり、もちろん必要な場合は助け合ったりするので、それはそれでいいかもしれないです。今津さんは、ブレインパッドの前は研究機関にいたんですよね、どんな違いを感じますか?

今津そうですね、いちばんの違いはクライアントがいるってことですね。クライアントの課題を解決することが仕事の目的になるし、納期もある。研究機関だと何年という単位でひとつのテーマを研究することもあるけれど、ブレインパッドだと例えば3ヶ月くらいでひとつのプロジェクトを終えなければならない。早い人だと3年目くらいで、ブレインパッドの代表としてクライアントの責任者に主体的に報告するようになるので、サイクルの早さはもちろん、成長の早さも感じます。

ブレインパッドで活躍するのはどんな人材?

今津これからブレインパッドに入ってくる人は、どんな人がいいと思います?あるいは、みんながいる部署では、どんな人を育成していきたいと思っています?

押川ブレインパッドって、高いレベルでのプロフェッショナリズムが要求されるのかなと思っています。うちの部署でいえば、コンサルティングもできて、技術のことも深く理解していなければならない。自分自身も悩みどころですが、これから入ってくる人にも高い能力が必要になるとは思います。

和田裁量が大きい反面、入ってから手取り足取り教えてもらいたいタイプの人だと厳しいかもしれませんね。能力が高くて何でもかんでもできる必要はないかもしれないけど、ある程度自分からガッツをもって食らいついていく力は必要かもしれません。

渥美自社プロダクトを扱うチームだと、自分の意見を明確に持てる人というのも大事ですね。自社のプロダクトって、つくっている間は正解が見えないものです。だからこそ、これはこうあるべき、自分はこうしたい、という意見をきちんと持たなければやっていけないかもしれないなと。

今津なんでもできる人というのは難しいかもしれないけど、渥美さんの言うように、自分はこれ、と確固たるものを持つ必要があるだろうなと思います。なんでもいいから、ひとつ自分の専門分野、武器になるものをもって、それに裏付けされた意思表明をできることは重要です。

和田そうですね。たまにキャリア採用の面接などで「データサイエンスに詳しくないとダメですか?」という方がいらっしゃるそうですが、そこに詳しくなくても何か他の秀でた武器があるなら、それを活かしていければ幅広い活躍の場がありますし、現場としても歓迎ですよね。

今津うん、うん。データサイエンスに詳しいのならなおよし、ですが、大事なのは「コレができる」と自信を持って言えるものがあるかどうかですね。そういう自分の強みを掲げて入社してくれる人がいたら刺激的でしょうし、私たちもぜひ一緒に働いていきたいです。今回皆さんとの座談会を通じて、また改めてブレインパッドは面白いなと思いました。ブレインパッドには、仕事はもちろん良い仲間も揃っています。「多彩な才能と多様な個性を持つプロフェッショナル集団の一員になりたい」という方のご応募を、ぜひお待ちしています!