0

CROSS TALK 02

さまざまなプロフェッショナル集団だから新たなものが生み出せる。

新卒社員 座談会

新卒社員にとってのブレインパッドって、どんな会社に映るのでしょうか。
やっぱり理系が多いの?オススメポイントは?
2016年に入社した同期4人に、新卒採用に関するあれこれを聞いてみました。

Member

NAME 下村 環太朗
JOB エンジニア

大学院では機械学習の理論について研究。大学院卒業後、データビジネスを行う企業でエンジニアの仕事に就きたいと考え、ブレインパッドへ。自社プロダクトの開発をローテーションで複数経験し、現在は、自社プロダクト「Rtoaster」のメジャーバージョンアップに携わる。

大学院では機械学習の理論について研究。大学院卒業後、データビジネスを行う企業でエンジニアの仕事に就きたいと考え、ブレインパッドへ。自社プロダクトの開発をローテーションで複数経験し、現在は、自社プロダクト「Rtoaster」のメジャーバージョンアップに携わる。

NAME 松下 芽以
JOB データサイエンティスト

応用数学を専攻し大学院では数理最適化を研究。もともと得意だった数学を世の中に役立てたいという思いから、データ分析の仕事をしようと考え、ブレインパッドに入社しデータサイエンティストとして活躍。

応用数学を専攻し大学院では数理最適化を研究。もともと得意だった数学を世の中に役立てたいという思いから、データ分析の仕事をしようと考え、ブレインパッドに入社しデータサイエンティストとして活躍。

NAME 湯浅 拓
JOB デジタルマーケティングコンサルタント

専攻はメディア・ジャーナリズム。大学院時代の研究からデータ×ITに興味を抱き、それらに携わる仕事をしたいと考える。現在、Rtoasterの導入コンサルティングを担当。

専攻はメディア・ジャーナリズム。大学院時代の研究からデータ×ITに興味を抱き、それらに携わる仕事をしたいと考える。現在、Rtoasterの導入コンサルティングを担当。

NAME 若林 光太
JOB コンサルタント

コンサルタントの中でも、比較的システム開発を得意とする。大学時代は数学の教員を目指していたが、応用数学の面白さに気づき大学院に進学。原油の先物価格の予測等、数学を用いた研究を行い、その研究をきっかけにデータ分析に興味を持つ。

コンサルタントの中でも、比較的システム開発を得意とする。大学時代は数学の教員を目指していたが、応用数学の面白さに気づき大学院に進学。原油の先物価格の予測等、数学を用いた研究を行い、その研究をきっかけにデータ分析に興味を持つ。

Talk

ブレインパッドへ入社した経緯を教えてください。

下村僕は、大学院で機械学習の理論を主に研究していて、就職活動を始めたときはすでに「これからはビッグデータの時代」という風潮がありました。ブレインパッドを知ったのは、研究室の先輩に紹介されたからです。データで科学的な裏付けをもってビジネスを行っている点に惹かれたのと、自分はエンジニアを志望していて、自社プロダクトを持ちしっかりと製品の企画から開発まで行えるところで働きたいと思っていたので入社を決めました。

松下私、下村さんとは、実は大学時代に同じ大学・学科に所属していたんですよね。大学院では別だったけど、入社してから「知ってる人がいる!」って(笑)。私は大学院に進んでからは、大好きな数学を社会に活かす応用数学を深めたいと思い、数理最適化の研究を行っていました。元々、将来は、データサイエンティストとして働きたいという想いがあったので、その軸で企業探しをしていた時にブレインパッドを知りました。よりクライアントに近く、クライアントの顔が見える位置で役に立ちたいと思ったとき、ブレインパッドでの働き方は魅力的だと思って、入社を決めたんですよね。

若林数学の研究をしていたという点では、僕も同じ。原油の価格データを分析して、価格の変動を予測する研究をしていました。データを扱う仕事をしたいと考えて就職先を探していたんですが、できたばかりの会社で教育制度が整ってない企業は躊躇したし、だからといって大企業のようにルールがしっかりできあがっているところも自由度が少なさそうだなぁと。ブレインパッドには、「ちょうどバランスよく両方の良いところを兼ね備えていて成長できそう」という印象があったんです。

湯浅みんな大学時代は、理系だったんだよね。僕は、文系でメディアやジャーナリズムの研究をしていて。大学院に入る前なんですけど、インターネット選挙運動が解禁になった時に、その分析に携わったんです。当選した人はインターネット上でどのような発信をしていたかとか、SNSの使い方が戦略的だったのは誰だろうとか。この活動と大学院の研究がきっかけで、データ×ITの面白さを仕事にしてみたいと思いました。

いまは、どんな仕事をしていますか?

湯浅僕はデジタルマーケティングコンサルタントとして、自社製品のRtoasterの導入コンサルを担当しています。データに携わる仕事ではあるんですけど、どちらかというと技術よりもビジネスサイドの職種です。クライアントの懐に飛び込んで課題を引き出してくる。その課題に対してRtoasterを導入することでどのような夢を描き、クライアントを喜ばせることができるかをクリエーションし、形にしていく仕事かな。それにはクライアントを惹きつける人間力も大事な要素の一つだったりしますね。

若林僕もコンサルタントではあるんですけど、湯浅さんよりはもう少し技術寄り。クライアントの課題を解決するために、具体的にどんな分析ツールや技術を使うのか、の方が得意。ビジネスサイドと技術サイドの中間にいるコンサルタントの立ち位置ですね。

下村私は、エンジニアとしてビジネスサイドと相談しながら、どういった機能や製品があるとユーザーがより便利になるのか、悩みが解決できるかということを、テクノロジーを使って実現させています。今は湯浅さんと同じRtoasterを担当していて、メジャーバージョンアップのプロジェクトに携わっています。

松下私はデータ分析業務が主で、案件にもよるんですが、今はクライアントのオフィスに常駐して、かなり密なコミュニケーションをとりながら、クライアントの事業を一緒に育てていける感じを味わえています。もともとそういうことがやりたくて入社したので、毎日楽しく仕事ができてます。

ブレインパッドのアピールポイントはどんなところですか?

松下データサイエンティストとしては、いろいろな業界のいろいろなデータに触われるっていうのが、面白いところなんじゃないかなと思います。事業会社の方たちは、当然、自分たちの事業にずっと向き合って仕事をしていると思いますが、ブレインパッドでは、たくさんの業界のクライアントがいて、プロジェクトの内容も様々なので、幅広い知識を得たい、様々な課題を解きたいという人にとっては、とても良い環境なんじゃないかと思っています。

若林それはほんとにそう。データ活用・データ分析をビジネスにしている会社として、この規模の会社は他にはないし、この領域ではすごくブランド力があるので、いろんな面白い案件が集まってくる。だから社員としては、本当にいろんな仕事ができる点が魅力。

下村私は、逆にひとつのことを掘り下げて行きたいタイプなので、ブレインパッドでずっと自社製品を育てていけることに面白みを感じてます。改良を繰り返しながら、よりよいものをつくり上げていくのは、自分としては面白いですね。

若林全然違う観点になるけど、僕はブレインパッドの「ちょうどよさ」っていうのを、アピールポイントとして推したい。ベンチャーのように社風がガツガツしすぎていない点もそうだし、反対に、大企業のような出来上がった組織でレールに沿ってキャリアを歩む感じではなく、自己裁量を持って自由度高く働ける。若いうちから活躍できるのも、やりがいのある点ですね。

湯浅あとは、上下関係なく意見を言い合える風通しのよさはあるよね。

下村そうですね。企業ではあるけれど、研究室にいたころのような、それぞれの専門家が自分のやるべきことに真摯に向きあって、年次や年齢関係なく気軽に意見や相談ができる雰囲気を感じます。この雰囲気はすごく好きですね。

これからの目標はどんなこと?

松下まずは、今担当しているプロジェクトの中でしっかりと成果を上げて期待に応えたいと思っています。将来的には、ビジネス、分析、エンジニアリングの3つの能力を高めて、一人でゼロからクライアントの課題のヒアリングをして、それを基に最適な分析手法を考えて提案、実行できるように幅広い知識を身につけていきたいです。

下村幅広い知識は、私も身につけたいですね。エンジニアとして、ソフトウェア開発に関してはとにかく知識や経験を蓄えていきたいし、その中で自分の得意分野をつくっていきたい。何を武器とするエンジニアなのかを、徐々にはっきりさせていくことが目標です。

湯浅今後は、クライアントの要望により応えていくためにどうするかってことが課題。相談を受けても、Rtoasterだけでは解決できないこともあるので、そういうときに「できません」と言うのではなく「こうしたら解決できるかも」という提案ができるコンサルタントを目指したいです。

若林僕の場合は、技術的な部分はだいぶわかってきたので、その場で「こうしたらできるな」という判断ができつつあります。たとえば、湯浅さんが難易度の高いクライアントの要望を聞いたときは下村さんに相談するんだろうけど、その間を僕がつなぐことで、よりスムーズに話ができたりすると思う。そういう、違う役割をもった人の間に入れるような働きも、実現していけたらいいなと思います。