0

Member

データサイエンティスト

CODE_06

Job
データサイエンティスト
Name
本田和麻
Joined
キャリア入社

大学、大学院での専攻は情報工学。データ分析を技術研究や開発に活かす企業に務めたのち、よりビジネスに近い仕事を求めてブレインパッドへ。現在はクライアント先での常駐業務で、常駐しているグループのマネジメント業務も行っている。

ビジネスに着実な成果を出し続ける
データサイエンティストでありたい。

商品の売れ筋も、
データで予測できる。

私が最初にブレインパッドで携わったプロジェクトは、大手小売企業をクライアントとしたレンタル商品の需要予測と在庫の最適化でした。全国の店舗から収拾されたPOSデータを分析することで、どのような商品が、いつ、どれだけレンタルされる可能性があるか予測することができ、各商品の適正な在庫数を割り出すことが可能となります。これにより、店舗の売上アップや業務効率の改善が可能となります。

自分の仕事がクライアントのビジネスに貢献できる面白み。

ブレインパッドの仕事の面白い点は、このように実際に自分が関わった分析の結果がクライアント企業で活用され、ビジネスに貢献できる点です。実は私がブレインパッドに転職しようと考えた理由も、この部分でした。前職では、研究開発系のプロジェクトが多かったため、自分の仕事が現場で役立つところを目の当たりにすることはほとんどありませんでした。しかしブレインパッドでなら、クライアント企業と課題を話し合い、どのような手法で解決するかを自分で考え、具体的な成果を出すことができる。実践的なビジネスの場で、社会との接点を持ちながら力を発揮できることは、大きなモチベーションのひとつなのだと、入社後も改めて感じることができています。

クライアントの要望に応え続けていくために。

企業のビジネスに貢献する業務だからこそ、分析結果に間違いがあってはならないということを普段から強く意識しています。例えば、分析手法の前提条件は非常に重要で、間違った使い方をすると当然ながら間違った結果が出てしまいます。日々の業務でこういったことを起こさないためにも、最新の論文を読むことはもちろん、基本に立ち返って古典的なテキストをしっかりと読み込み、統計や機械学習の技術を正確に理解することも大切です。また、クライアント企業のビジネスによっては精度よりスピードのほうが重要なこともあり、どの程度の精度を、どの程度のスピードで出すのか、クライアント企業と話しながらバランスを取っていくことも、データサイエンティストの腕の見せ所です。

ブレインパッドで働くことの可能性と価値。

データサイエンティストとして働く場合、研究機関、事業会社、ブレインパッドのようなクライアント企業の支援企業などの選択肢があると思いますが、クライアント支援企業では、データ分析に基づいて様々なクライアント企業のビジネスに貢献できる点で大きな魅力があります。また、様々なクライアント企業からデータをお預かりし、様々なデータを扱うこともできることも面白い点です。さらに、今の私のようにクライアント企業に常駐する場合は、事業会社で働くデータサイエンティストの方のようにビジネスに関わることができ、ますますブレインパッドで働くことの可能性や価値を実感しています。

1日のスケジュール

12
3
6
9
10:00

常駐先のクライアント企業へ直接出社。

11:00

データ分析業務。

12:00

昼食。

13:00

メンバーの相談に乗りながら、データ分析業務や報告用の資料作り。

17:00

常駐先のクライアント企業の担当者との打ち合わせ。プロジェクトの進捗状況の確認を行う。

19:00

退社。常駐先のクライアント企業から直接帰宅。