0

Member

エンジニア

CODE_05

JOB
エンジニア
Name
田崎雄一郎
Joined
キャリア入社

大学院卒業後にソーシャルネットワーキングサービス企業にエンジニアとして入社。インターネット広告配信に関する新規事業としてDSP(Demand-Side Platform)の開発に携わりエンジニアとして活躍。その後、携わった事業のサービス終了に伴い転職活動をする中でブレインパッドに出会い、入社。

企画も開発もマネジメントも。
全部できるエンジニアを目指す。

サービスをつくるだけでは、
まだ足りなかった。

私がブレインパッドで働くことの良さを誰かにアピールするとしたら、Webエンジニアとして様々なことにチャレンジできる点を挙げるでしょう。私自身も、何でも学んでやってみる環境を求めて、ここへやってきたエンジニアです。前職でもエンジニアとして働いていたのですが、サービスそのものの企画からフロントエンド、バックエンドまで、様々な経験をさせてもらいました。次に働くなら、さらに多くのことをこなせるようになりたいと思って選んだのが、ブレインパッドでした。これまでの経験を活かしたデジタルマーケティング領域のプロダクトの企画、開発に加え、インフラ構築や機械学習のプロダクトへの活用など、業務的にも技術的にもとにかく幅広く関われて、フルスタックエンジニアとしてのキャリアが積めると感じました。

ブレインパッドのエンジニアは
チャレンジの数が多いから自立が早い。

実際に入社してからも、自分の望んでいたことがかなっているという実感があります。エンジニアの仕事はこれ、と決まりきったものがなく、プロダクトの企画段階からビジネスサイドに対してエンジニア視点の提案をしてみたり、デザイナーと議論してデータの見せ方や管理画面を工夫してUI/UXの改善をしてみたり。また、私たちはスクラム開発の手法を採用しているので、短いサイクルで何度もチャレンジできるのは、非常にありがたいことだと感じています。多くの経験ができるということは、その分失敗が多いということでもあるけれど、学びの数はもっと多いはず。こういった環境なので、ブレインパッドのエンジニアは自立が早いのではないかと思っています。

スキルのない上司って、
尊敬されない?

技術を武器として極めて行くスペシャリストを目指すエンジニアも魅力的だけれど、私はジェネラリストを目指したい。「なんでもできる」に憧れがあるのだと思います。とくに目指しているのが、実際に自分で手を動かして開発をしながらチームのマネジメントもうまくできるエンジニアになること。メンバーの育成にも、強い興味を持っています。マネージャーとしてジェネラリストを目指していくとはいえ、広く浅くじゃもの足りない。だって、技術力の低い上司にマネジメントされるのって、エンジニアだったら誰でも嫌だと思うんですよ(笑)。広く浅くではなく、広く深く。マネージャーであり、ビジネスパーソンであり、エンジニアであるという様々な視点から仕事ができる存在であり続けたいと考えています。

働きやすい環境が仕事の生産性を向上し、
新しい価値を生み出す。

ブレインパッドでは、就業時間はフレックスタイム制を導入していて、コアタイムは11時~16時です。私は、朝がそこまで強くないので、11時に出社できるという点では非常に魅力的です。また、社外で開催されるエンジニア勉強会がある日は早めに仕事を切り上げて勉強会に参加したりすることができるので、自分のライフスタイルに合わせて働ける点を魅力に感じています。私が所属する自社プロダクトを開発する部署では、週1回の在宅勤務が可能なので、コーディング等、一人で集中して仕事に取り組みたいと思ったときに利用しています。一人ひとりが裁量を持って柔軟に働ける環境が与えられているので、仕事の効率も上がり短い時間で高いパフォーマンスを出すことができていると実感しています。エンジニアは、こういった環境で働くからこそ新しいアイデアが生まれ、必要な技術を習得し、世の中の課題を解決するような新しいプロダクトを生み出していけるのだと思います。

1日のスケジュール

12
3
6
9
11:00

出勤。コアタイムぎりぎりの11時に来ることがほとんど

12:00

チームでの朝会など、メンバーの状況把握や相談を受けたりしている

13:00

ランチ。うどんが好きです

14:00

会議

16:00

開発。会議などは1日の前半に寄せ、まとまった開発時間を確保している

20:00

退社。開発作業の調子がいいときは遅くまで残り、そうでもないときはもっと早めに帰ることも