0

Member

コンサルティング営業

CODE_10

JOB
コンサルティング営業
Name
吉井俊介
Joined
キャリア入社

Web系コンサルティング企業からの転職を決意し、転職活動をしていたところ、エージェントから紹介されたのがブレインパッド。現在の同僚を紹介され話をするうちに意気投合し、コンサルティング営業として入社を決める。

人とデータの力で、
本当に価値のある成果を。

データに基づいた根拠ある提案を求めて。

ブレインパッドで働く前は、Web業界で営業やコンサルティングの仕事をしていました。セールスだけでなく、サイトの効果検証をしてレポートを作成したり、施策の提案をしたり。提案した施策はお客様に受け入れてもらっていましたし、営業の数字面でも成果はあげられていたと思いますが、提案の根拠を正確に示せていなかった自分や、それを良しとする業界全体に対しては、違和感を持っていました。そんなとき、転職エージェントに紹介されたのがブレインパッドでした。選考が進んでいく中で、データに基づいた根拠のある提案ができることが伝わってきて、入社を決めました。

ブレインパッドでないとできない仕事を。

社会的に人工知能や機械学習などの技術に注目が集まっているいま、大手企業を中心に、ブレインパッドにはたくさんの企業からの引き合いがきていて、それら全てには十分に対応しきれていない現状があります。営業としてはぜいたくな悩みではあるのですが、提案させていただくかどうかをブレインパッドが判断せざるを得ないのが実情です。
一方、クライアントは漠然とした悩みを抱えていたり、自分たちで本当の課題に気づいていないこともしばしば。だからこそ、ブレインパッドの営業は、「この仕事は、ブレインパッドでないとできない仕事なのか?」「私たちがやることで本当にクライアントの力になれる仕事なのか?」「社会的なインパクトがある仕事なのか?」「技術的なチャレンジがあるのか?」ということを常に意識して動いています。たとえばクライアントの悩みが既存のツールやアプリだけで解決できるのだとしたら、私たち営業やコンサルタントが支援するよりも安価に手軽に解決することができます。
私たちの価値は、なによりも、人が介在すること。ビジネスを理解して課題を解決するための提案に長けたコンサルタントがいて、データを価値あるものに変えていくデータサイエンティストがいる。さらに分析した結果をクライアント社内で常に使われるように仕組化できる技術力の高いエンジニアがいる。ブレインパッドの仕事は、人が力を発揮してこそ本当に価値ある成果をお客様に提供できると思っていますので、私たち営業やコンサルタントは、多様なメンバーが力を発揮してクライアントに価値を提供できるような環境を作ることに注力しています。

無数の可能性から、
自分だけのキャリアを描く。

営業職に求められるスキルは、分析職や開発職と比べると、分かりやすくはありません。データの分析ができるわけでも、プログラミングができるわけでもない。いろんな人に依頼をしたり、調整したりと、他の人がやらないことをコツコツと整えていくような仕事も多い。
自分はどういうビジネスマンになっていきたいのか。私自身、先輩や上司を見ながら、まだまだ模索しています。マネジャーになる道もあるし、技術的な知識をつけて高度なソリューションを考えられるコンサルタントになる道もある。業界に特化してセールスのプロになることもできるし、ビジネスのアイデアを実現していくプロデューサーでもいい。多様な人がいて多様なキャリアパスがあるブレインパッドだからこそ、自分だけのキャリアを模索し築いていくことができます。そして、これから入社される人にとって「あんな仕事もあるんだ」と何か新しい発見を与えられるような仕事をつくっていけたらと思います。

1日のスケジュール

12
3
6
9
9:00

出社。自席でコーヒーを飲みながらメールチェック、1日のスケジュール確認などを行う

10:00

社内MTG。プロジェクトメンバーを進捗状況の確認や今後の提案内容のすり合わせ

12:00

昼食。

14:00

新規のお客様との打合せ。お問合わせいただいたお客様先へ訪問して打合せ(1日に2~3件、新規のお客様先へ訪問することが多い)

16:00

報告会へ参加。プロジェクトメンバーとクライアント企業様に訪問をして、現在進行中のプロジェクトの中間報告を実施

18:00

作業。翌日以降のお客様先訪問に備えて資料作成などの準備

20:00

退社。