店頭購買行動分析(旧:株式会社ミディー事業) スーパーやドラッグストアなどの店頭に設置したカメラや3Dセンサーで消費者の店頭購買行動を記録し、(改行)その行動をデータ化(定量化)し、マーケティングに繋がる新たな知見の発見をご支援するサービスです。

ブレインパッドは、2015年4月17日に、当社連結子会社 株式会社ミディーより、事業の全部を譲り受けました。
今後、ブレインパッドは、株式会社ミディーが蓄積してきた技術・ノウハウと、ビッグデータ関連ビジネスとの融合をはかり、より一層のサービスの充実を図ってまいります。
なお、株式会社ミディーは、解散および清算する予定です。
(詳細は、こちらよりご覧いただけます。)

サービス概要

図

ウェブ上でのユーザー情報や購買行動は、ログを解析することで明確になり、そのデータをマーケティングに活用することは一般化してきました。しかし、リアルな現場、例えば小売店舗の情報(購買プロセス、導線、店員の接客行動)においては、見える化はできているでしょうか?

ITは、リアルの場でも活用できるにも関わらず、その活用方法がわからずに、またリアルな現場の情報をデータ化できることを知らずに十分に活用されていないのが現状です。

本サービスは、「リアル」な場にフォーカスすることで、その場を映像として計測(センシング)し、その映像から、「現場で何が起こっているか」を解析し解説できるデータ=「メタデータ」を生成しています。

このメタデータをさまざまな角度からさらに分析し、クライアント(主に小売店・流通事業者、メーカー)に有効な形で集計・加工し、フィールドマーケティングを支援いたします。

お問い合わせ

店頭購買行動分析ほか株式会社ミディーの事業に関するお問い合わせ

下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

 

株式会社ミディーの解散および清算に関するお問い合わせ

株式会社ブレインパッド ビジネスサポート部 総務グループ
TEL:03-6721-7001