0

CROSS TALK 01

“ブレインパッドならでは”ってどんなこと?

キャリア入社社員 座談会

高い専門性を持った人が多いとか、個性的な人が多いとか。様々にある、“ブレインパッドらしさ”。
他の会社から転職してきた人たちにとっては、ブレインパッドの特徴がより色濃く映るのではないでしょうか。
どんな働き方ができる?ここでしかできない仕事って何?
多様な視点から、あらためてブレインパッドを紐解いてもらいます。
今回集まってもらったのは、絶賛活躍中のキャリア入社の4人。
「前職とくらべて、ブレインパッドはどう?」をテーマにいろいろと語ってもらいました。

Member

NAME 渥美 達也
JOB エンジニア

新卒で金融系システムのエンジニアを経験した後、フリーランスのエンジニアへ。組織やプロダクトへより深く関わっていくことを望み、ブレインパッドに入社。

新卒で金融系システムのエンジニアを経験した後、フリーランスのエンジニアへ。組織やプロダクトへより深く関わっていくことを望み、ブレインパッドに入社。

NAME 田浦 將久
JOB データサイエンティスト

学生時代の専攻は物理。SIerでシステムエンジニアを経て、その後スタートアップ企業で様々な職務を経験。ITの勉強を続けていく中で、データ分析や機械学習を仕事にしたいという思いが強くなりブレインパッドに入社。

学生時代の専攻は物理。SIerでシステムエンジニアを経て、その後スタートアップ企業で様々な職務を経験。ITの勉強を続けていく中で、データ分析や機械学習を仕事にしたいという思いが強くなりブレインパッドに入社。

NAME 西尾 陽子
JOB ITコンサルタント

ブレインパッドは4社目。これまで経験した3社ではいずれもシステムエンジニア・コンサルタントとしてデータ活用を主軸としたシステム構築・課題解決の仕事をしていたが、より専門性を高められる環境を求め、ブレインパッドに入社。

ブレインパッドは4社目。これまで経験した3社ではいずれもシステムエンジニア・コンサルタントとしてデータ活用を主軸としたシステム構築・課題解決の仕事をしていたが、より専門性を高められる環境を求め、ブレインパッドに入社。

NAME 押川 幹樹
JOB コンサルタント

学生時代の専攻は物理。コンサルティング会社を経て、よりデータに基づいたコンサルティングや課題解決を行う企業を求め、ブレインパッドに入社。

学生時代の専攻は物理。コンサルティング会社を経て、よりデータに基づいたコンサルティングや課題解決を行う企業を求め、ブレインパッドに入社。

ブレインパッドへ転職した理由を教えて!

渥美私は新卒で金融系のSIerに入社した後、独立してフリーランスのエンジニアとして働いてました。また、事業会社の業務委託としても仕事をしていました。働くうちにマネジメントや組織づくりに興味が湧いてきたのですが、そういったことを経験するのなら、業務委託よりも社員としてのほうが経験しやすいと感じるようになりました。もっと踏み込んだプロダクトづくりや組織づくりのできる環境を探す中で、ブレインパッドに出会いました。

西尾私は、ブレインパッドで4社目ですね。新卒で大手メーカーのシステム会社に入社し、その後コンサルティングファームに転職しました。主にデータ活用を専門としてBI・DWHのシステム開発と業務改善のコンサルティングを経験しました。そこで仕事をしていくうちに、データ活用に関わる専門性をより伸ばしていきたいという想いが強くなってきたことが、ブレインパッドに転職した理由です。実はブレインパッドには業務委託として働いていた時期もあり、その時の社員の皆さんの良い雰囲気がとても好きだったので、違和感なく入社しました。

田浦「ブレインパッドの雰囲気が好き」というのは、私も一緒です。私はSIerのエンジニアを経て、知人の立ち上げた教育系のスタートアップ企業で「サービス企画 兼 エンジニア 兼 講師」(笑)のような仕事をしていました。データ分析にはもともと興味があって個人で勉強をしていたのですが、本格的に仕事として取り組みたい気持ちが強くなって、転職を決めました。データサイエンティストは参入障壁も高そうだし、この道を極めることで自分の価値を高めていけるだろうな、と。いくつかある企業の中でも、ブレインパッドはすごく雰囲気が合いそうだったので決めました。

押川「高い専門性を持った人たちの集団」としてのブレインパッドに惹かれた部分は大きいです。大学・大学院と物理を専攻していたこともあり、前職のコンサルティング会社では、数字に絡む案件や分析をやったりする案件が多かったですね。そんな中、AIやIoTなどの技術の存在に仕事を通じて触れる中で、より強みを持つ人たちと働きたいという思いが強まり、転職を考え始めました。分析の会社なので、固い感じなのかなと思っていたけど、社長(現会長の佐藤)と話しをする中で、社長のキャラも含めすごい会社だなと思った(笑)。そこでいろいろと話してたら、自分が考えていたことと、社長が話していることが不思議と揃っていて、これは面白そうだなと。これだけのスペシャリストの力があれば、想像もできなかったような大きな価値を生み出していけるのでは?という確信をもてたので、入社を決めました。

ブレインパッドを、一言で表すなら?

押川「動物園」じゃないですか?(笑)

西尾それも「サファリパーク」ですね。

一同サファリパーク!(笑)

西尾サファリパークというと言いすぎかもしれませんが、「本質的なところはちゃんと押さえているけど、細かいことはゴチャゴチャ言わない自由さ」って感じでしょうか。

田浦スーツを必ず着なければいけないとか、朝は全員同じ時間に出社とか、厳しいルールはないですもんね。

西尾フレックス制、いいですよね。毎日働く場所だから、働き方の裁量の大きさはかなり重要度が高いです。

渥美働き方だけでなく、業務面でも自由度は高いと思います。やるべきことが全て事細かく指示されるというよりは、メインの仕事はこなしつつ自ら課題を発見して対処していく部分もあるなど、仕事の仕方も特徴があるんじゃないでしょうか。

西尾私のいる部署は全員キャリア入社なので、それぞれ自律して仕事をしている印象があります。各自成果を出せるから、上司から細かいところまで指示されることがない。また、良いものを作ろうという意識が高い人が多く、他プロジェクトにも協力的な印象です。

押川「自律」もひとつ、うちのキーワードかもしれないですね。個人の判断に対して、信じて尊重する文化がある。

田浦「自律」とともに「自走」も重要視されていますよね。それと、皆さん向上心の高い方が多いので、非常に刺激をもらえますね。

渥美たしかにそうですね。やれと言われたことをやる、決まったものを決まった方法でやる仕事はない。つねに今あるものを疑うように、「本当にこれが最善か?」「もっと高い価値を生む方法もあるのでは」と自分で考えながら仕事をしていけるのが「自走」で、これもブレインパッドらしさかもしれません。

ここでしかできない仕事って、どんなこと?

押川私の前職と比べると、という話になりますが、そもそものチームの構造が違うんですね。前職は同じような方向性のスキルを持った人たちの集まりだったので、仕事ができる上の人が下の人を教えたり指示したりする構造。一方ブレインパッドは、分析やエンジニアリング、コンサルティングなどそれぞれの領域で強みをもった人たちがチームを組んで、お互いを信頼して得意領域を任せ合いながら協働する。しかも新卒含めめちゃくちゃ優秀な人が多い。こういう多様な力を結集したチームでやる仕事こそ、この会社でしかできない仕事だと思っています。知らない技術や手法があったとき、ネットで調べて時間をかけて中途半端な知識をつけるより、周りに話しかけて聞くほうが早いし、ずっと面白い話が聞ける。素晴らしい環境だと思いますね。

西尾私も、各自が強みを生かしていく姿勢はすごく感じますね。「コンサルタントはT字型を目指せ」とよく言われますが、必ずしもT字型だけが正解ではないのだと、この会社に入って実感しました。

押川T字型というのは、ベースとしていろんなことをできるようになった上で、さらに強みをひとつ持っている状態ですよね。それももちろん大切ですが、全部できるようになるのって難しいし、ジェネラリストばかりの集団になっても……つまんない(笑)。

西尾自分の苦手なことがあっても、自力で無理に取り組むのではなく、それが得意な誰かの力を借りればいい。チームワークって、プロジェクト内に限らないですもんね。社内の誰であれ、助け合っている感じがします。

渥美キャリアのつくり方って、人それぞれ。エンジニアの視点で言うと、今はバックエンド+フロントエンドを主な得意分野としているようなエンジニアが多くいるんですけど、その中でもインフラに強い人や、マネジメントに強みを持つ人がいたりしますね。中には、職種を超えてプロダクトマネジメントみたいなことをやっている人もいる。私自身も気づけば採用をやっていたり。決まりきったキャリアの描き方はありません。本人がどうしたいか、どうなりたいかと、組織にある課題をうまくすり合わせることが、未来のキャリアのベースになるのだと思います。

田浦データサイエンティストの場合も、人によって強みは全然違う印象があります。機械学習や分析に強い人、エンジニアリングが得意な人、クライアントとのコミュニケーションが得意な人。いろいろな強みをもった人がいます。ただ、その強みを発揮する方向は「いかにクライアントのビジネスに成果をもらたすことができるか?」。ここはブレインパッドのデータサイエンティストらしさだと思っています。プロジェクトでは、クライアントの非常に大きな意思決定に関わることもあるので、自分自身がどうしたいかというこだわりを超えて、クライアントや世の中の未来を考えることが重要ですね。

渥美その通りだと思います。私も「いまつくっているシステムは誰に向けてのもの?何のためのもの?」と、何度も自問しながら、仕事をしていますね。本質的に必要なもの、価値があるものに真摯に向き合っている人が多いですね。

ブレインパッドで活躍するのはどんな人材?

押川データ活用って世間の注目度の高い分野なので、ともすれば、あまり頑張らなくても需要は絶えないってことがあり得ちゃう。しかしそこに甘んじることなく、データのプロフェッショナルとしての矜持を持ってて、データによる価値創造ということを理性を少し超えた心の部分で信じている人なんじゃないかなと思います。まだまだデータで解決できる領域ってたくさんあって、そこから社会を変えることができると信じている人は、面白く仕事ができる環境だと思いますね。

西尾やっぱり、クライアントのビジネスを大きく変えたい、社会を変えたい、という気持ちを持っている人が多いと思います。もちろん、それをデータの力でやりたいとみんな考えている。データが好きで、その力を信じられることは、この会社で活躍できる人の、ひとつの条件かもしれないですね。

田浦ああ、わかります。この会社の人って、やっぱりデータが好きなんですよね。「きたないデータを見るとワクワクする!」って言っている人、結構いますよね(笑)。

一同いるいる!(笑)

田浦好きだからこそ、よりよくしたいと熱中できるんでしょうね。日々新しい技術が生まれたり、よりよくすることに際限のない世界でもあるから、ずっと楽しむことができる。小さな知的好奇心を、毎日満たし続けることのできる素敵な仕事だと思っています。

渥美小さな知的好奇心を、毎日満たし続けられる喜びというのは、そのとおりだと思います。一緒にその喜びを見出せる人と、これからも働いていきたいですね。