パーソナライズの意味|デジマ戦略のための活用方法まで徹底解説|CDP・プライベートDMP・レコメンドエンジンならRtoaster

パーソナライズの意味|デジマ戦略のための活用方法まで徹底解説

自社のデジタルマーケティング戦略の実現に向け、自社サイトのパーソナライズを検討している企業は多いと思います。適切な形で実践するためには、活用方法をきちんと把握しておくことが重要です。

この記事では、パーソナライズとは何か、メリットや活用方法などを解説します。活用の具体例も紹介するので、自社のマーケティング活動にお役立てください。

パーソナライズとは

パーソナライズとは、顧客の属性・行動履歴といったデータを基にニーズを把握し、適切な商品・サービスなどを提供する手法のことで、顧客満足度の向上や顧客単価の向上などを目的として行われます。

混合されやすい用語としてよく上げられる「カスタマイズ」とは、顧客が自らの好みで、管理画面などを設定することを指します。パーソナライズは、企業側が顧客の好みのデータを基に導き出すので、全く異なるものだと言えます。

パーソナライズが重要になった背景

パーソナライズが重要になった背景の一つとして、マスマーケティングの限界があげられます。従来は、テレビなどで不特定多数の顧客に対して情報を発信することで、商品やサービスなどを販売していました。最近では、インターネットが普及したことで、顧客の選択肢が増え、複数の商品やサービスを顧客自らが比較できるようになりました。

AIなど、IT技術がビジネスにも取り入れられたことで、顧客の行動を容易に推測できるようにもなりました。そのため、不特定多数に発信するマスマーケティングではなく、顧客のニーズに合わせてマーケティングを行うパーソナライズに、注目が集まるようになりました。

BtoCでのパーソナライズ活用

BtoCでのパーソナライズの活用例として、ネットフリックスなどの動画配信サービスの「レコメンド」があげられます。レコメンドとは、顧客の購買履歴、視聴履歴などのデータを基に、関連商品を「おすすめ」として紹介する手法のことです。個人消費者に向け、離脱されることなく、継続的な購入を促すための戦略として活用されています。

BtoBでのパーソナライズ活用

BtoBのマーケティングとして、営業マンが飛び込みで訪問して営業するアウトバウンド型のスタイルから、見込み顧客を育成するインバウンド型のスタイルに変更する企業が増えています。メールマガジンや自社メディアで有益な情報を発信し、見込み顧客のニーズを把握し、優良顧客へと育成するための戦略として活用されています。

パーソナライズすることのメリットとは?

パーソナライズすることで、どのようなメリットがあるのか具体的に解説します。

ユーザーのニーズに答えられる

顧客の属性や購買履歴などのデータを分析することで、顧客の関心が高い情報を得られます。発信した情報に対して顧客からのフィードバックがあると、それらを基に顧客のニーズに合った商品開発が可能となります。

顧客の中には「自分は何が必要なのか」を理解していない人もいます。パーソナライズを活用することで、顧客が必要な商品やサービスを気付かせてあげることも可能です。潜在顧客を発掘することで、売上の向上につながります。

ユーザーの継続利用が期待できる

ユーザーのデータを基に顧客のニーズに合った情報が配信され、継続して商品やサービスを利用してもらえることが期待できます。顧客が関心のない広告を繰り返し配信して、悪いイメージを与えることなどによる離脱を避けられます。継続的に顧客に対して有益な情報を提供することで信頼関係を築き、ファン化させることで、売上の安定にもつながります。

パーソナライズの事例

企業の中には、パーソナライズにより顧客の安定的な確保につなげているケースもあります。ここでは、その事例を詳しく紹介します。

レコメンド機能でおすすめ「Amazon」

ECサイトの「レコメンド機能」としては、Amazonが代表的な例と言えます。顧客がある商品をAmazonで購入する際、関連商品や一緒に売れている商品が表示されます。Amazonが提供しているプライムビデオにも、「おすすめ機能」があります。1つの作品を視聴すれば、その作品と関連度の高い作品が次々と紹介される仕組みになっています。

顧客に合ったクーポン表示「日本旅行」

旅行代理店の日本旅行では、旅行計画を立てるために同じサイトを複数回訪問した顧客に対して、限定クーポンを配布する戦略を実施しました。これは「顧客のタイミング」をパーソナライズ化した戦略と言えます。顧客の訪問データを基に、クーポンがサイト上に表示される仕組みで、この機能により顧客の購買意欲が高まる効果が得られています。

「香り」に基づく商品レコメンド「SABON」

SABONでは、ECサイトでも実店舗と同じ体験を顧客に提供できるように、「香り」に基づく商品のレコメンドを行なっています。商品の詳細ページに、同じ香りを持つ商品をおすすめすることで、香りのイメージ化がはかれています。

この戦略はコールセンターで「この香りと同じ商品のものはないか?」という問い合わせがあったことをきっかけとして始められました。この機能により、顧客が好きな香りを簡単に見つけ購入できます。

パーソナライズを活用する方法

パーソナライズを活用する方法はいくつかあります。ここでは、具体的な方法を挙げていきます。

ECショップ

ECショップでは、顧客の購買履歴を基におすすめの商品を紹介する「レコメンド機能」を活用できます。ECショップ内で数多くある商品の中から自分に合った商品を見つけ出すのは、時間と手間がかかります。レコメンド機能を使えば、顧客の興味のある商品を絞り込んで紹介できます。

メールマガジン

メールマガジンは今やビジネスに欠かせないツールです。顧客にきちんと読んでもらえるメールマガジンを配信するためには、顧客が関心のある情報を提供する必要があります。そのためには、登録読者全員に同じ内容を配信するのではなく、年齢・性別・地域といった情報に基づいた情報を配信します。

動画配信

スマートフォンが普及し、動画を視聴する人が増えてきました。顧客一人ひとりに合わせた最適な動画配信が行われるなど、パーソナライズ化された動画は訴求効果が高く、自社の商品やサービスなどを認知してもらえる可能性が高くなります。メールマガジンと同じく動画配信でも購入履歴・性別などのデータを基にニーズを把握した上で配信される必要があります。

SNS

LINEのタイムラインやFacebookなどのSNSでもパーソナライズが活用されています。過去に顧客が閲覧・購入したことのある商品が、SNS上で表示され、さらなる購入を促します。Twitterでフォローしている人のデータを基に、イベントやニュースが配信されるのもパーソナライズの活用です。

まとめ

インターネットが普及し、消費者の価値観が多様化している中で、商品やサービスなどの購入につなげるためには、顧客に合った情報を提供することが重要です。顧客のデータを基にパーソナライズ化された施策をすることで、顧客満足度や売上の向上につながります。

パーソナライズの実施には、顧客情報を一元管理するDMPが必要不可欠です。「Rtoaster」は、DMP市場3年連続No.1の実績を誇り、多くの上場企業が利用しています。機械学習を用いた高度な分析サービスで、顧客の行動を正確に把握できます。これからパーソナライズ化を行うなら、多様な機能を搭載した「Rtoaster」をご活用ください。

パーソナライズ化によるマーケティングの成功事例集のダウンロードはこちら

執筆者プロフィール

株式会社ブレインパッド

Rtoasterマーケティングブログ編集部

マーケター必見の知識や、成功するための秘訣をRtoasterを開発・運営・サポートしたスペシャリスト達が執筆。

閉じる