SEMINAR

セミナー・イベント

2019.7.23
申込締切日:開催日2日前受付中
ビックデータの活用として、需要予測がトレンドになっています。一方で、需要予測を行う際に必要なデータをご把握されてない企業様が多いのも現状です。
どの様なデータを使用し、分析結果をどのようにビジネス活用していくかをゴールに、企業内でご検討いただくポイントがございます。

本セミナーでは、機械学習ツール「SAP® Predictive Analytics」を使って、導入企業様がどのような活用をしているのか、導入前のご検討から実際の活用までデモンストレーションを交えてご紹介をさせていただきます。
2019.07.17
受付中
株式会社セミナーインフォが主催する「FINANCE FORUM ~デジタルを駆使した顧客価値創造~」に、当社が出展します。常陽銀行、ふくおかフィナンシャルグループにおける最新取組事例をはじめ、先進企業各社による講演を通じ、マーケティングに関する最新の知見が紹介されます。当社は、「Rtoater」をご紹介します。
2019.07.10
受付中
本セミナーでは、「Webサイトのパーソナライズ」をテーマに、これまでブレインパッドが培ってきた実践で役立つ”ノウハウ”を、体系立てて学び、習得していただきます。
2019.07.09
受付中
Looker社が主催する、データ活用に必要とされる最新情報を紹介するイベント「JOIN Tokyo 2019」に、当社が出展します。当社、国内トップクラスのDMP「Rtoater」などをご紹介いたします。
2019.06.25
申込締切日:開催日2日前18:00まで受付中
RPAの導入を検討されている企業様向けに、『基礎から高度活用』、『導入前の押さえるべきポイント』、弊社がお勧めする『RPA「ブレインロボ(BrainRobo)」を導入事例』や『自社活用の活用事例』を交えてご紹介します。また、簡単な操作を交えてのデモンストレーションを行います。実際の画面をみて操作性をご確認いただけます。
2019.06.27
受付中
本セミナーでは、テクノロジーの進化による広告運用の"自動化"の波を背景に、なぜ広告の自社運用により、時間をかけなくても成果が上がるのかについてお話します。インハウス運用の成功事例や、低予算で広告の自社運用を始めるためのノウハウもご紹介いたします。
2019.06.20
受付中
すでにWeb広告運用を行っている、あるいは今後本格的に取り組みたい企業様向けに、少人数チームでも可能で属人化しづらい「テクノロジーを駆使した」広告運用手法をご紹介します。
2019.06.27
申込締切日:開催日2日前受付中
本セミナーは、マーケティングオートメーション(MA)導入を検討中の企業様を対象とした失敗しないためのMA導入の“準備講座”です。マーケティングオートメーション活用において、どのようなメッセージをだすか、どのようにパーソナライズするか、頻度はどのくらいか など、シナリオ作成はMA運用の要となります。
本セミナーでは、シナリオ作成の考え方とともに、よく活用されているシナリオパターンなどもご紹介させていただきます。シナリオ作成イメージ、運用イメージを持っていただける機会となりますので、是非ご参加ください。
2019.06.28
申込締切日:開催日2日前受付中
【定期開催】ソーシャルリスニングツールの導入を検討されている企業様向けに、導入前の押さえるべきポイントと弊社がお勧めするツール「Crimson Hexagon ForSight™ Platform(クリムゾンヘキサゴン)」を導入事例を交えてご紹介します。
2019.06.04-05
終了
株式会社宣伝会議が主催するイベント「インターネット・マーケティングフォーラム2019」のセミナーに、当社が登壇します。
事前に公式サイトより申し込みも可能ですので、ご来場の際は是非当社のセミナーにお立ち寄りください。

【講演情報】
・【日時】6月4日(火) 12:00-12:40
・【セミナー番号】F3
・【テーマ】ファンの声に耳を傾けるソーシャルリスニング実践 ~ソーシャルリスニングの活用とツールの特徴、課題まで~
・【登壇者】エイベックス株式会社 新事業推進本部 デジタルクリエイティヴグループ ゼネラルマネージャ- 山田 真一 氏
      株式会社ブレインパッド デジタルソリューション本部 営業第一グループ プロダクトマネージャー 奥野 クララ
・【概要】様々なコンテンツやサービスを提供する際、業界・業種を問わずソーシャルリスニングは非常に重要なマーケティング手法の
     一つとなっています。
     しかし、この領域のツールは種類も多くそれぞれ機能も異なるためどう活用すれば良いかどう違うのかが分かりにくくなっています。
     そこで「Crimson Hexagon」を活用したいくつかの事例のご紹介と、ツールの特徴や課題・制限等についてもお話します。