CASE STUDIES

導入実績

導入実績一覧に戻る

株式会社朝日新聞社

世界第2位の新聞社が取り組む分析を支援
“世の中の声”を反映した紙面をスピーディーに実現

業種:メディア・広告・エンタテイメント

お客様の課題

発行部数約650万部を誇る全国紙「朝日新聞」や会員数260万人を誇る電子版「朝日新聞デジタル」を提供する朝日新聞社。
同社は、メディアの中でもいち早くソーシャルメディア分析を取材活動に取り入れ、データに基づく“世の中の声”を反映させた紙面作りに取り組んできました。
しかしながら、従来は外部の研究機関によるデータ分析をふまえて記事を執筆するため、公開までに数ヶ月を要することもありました。

ブレインパッドのソリューション

朝日新聞社は、ソーシャルリスニング・プラットフォーム「Crimson Hexagon ForSight™ Platform」を導入することで、現場の記者自身がデータを素早く分析し、記事の執筆に活用できるようになりました。選定の決め手は、さまざまな視点での深堀分析が数時間で習得できる「簡易性」、リアルタイムの投稿だけでなく過去のTwitter投稿も対象に分析できる「Firehose(*)対応」、多言語対応により複数の国々でのソーシャル上の反応を確認できる「グローバル対応」の3つでした。

「Crimson Hexagon ForSight™ Platform」の導入後は、世の中のブーム・社会現象が「本当に話題になっているのか」を素早く分析してその根拠を探ったり、読者からの反響をTwitterの投稿から把握したりし、記事作りに反映することができるようになりました。
同社では、地方総局を含めた全国約40名の記者が「Crimson Hexagon ForSight™ Platform」を活用し、効率的な取材活動と“世の中の声”に裏付けられた質の高い紙面を実現しています。

(*)Firehoseとは、米国・Twitter, Incが提供する、すべてのツイートデータをリアルタイムに取得できるAPIの使用契約のこと。「Crimson Hexagon ForSight™ Platform」は、2010年7月以降の全ツイートを検索することが可能。

製品

ソーシャルリスニング・プラットフォーム
Crimson Hexagon ForSight™ Platformソーシャルメディアから、ブランドや商品に対する世界中の顧客エンゲージメントを分析するプラットフォーム

掲載日:2016年10月11日
*文中に掲載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
*文中に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。情報は予告なく変更される可能性がございます。

導入実績一覧に戻る

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にどうぞ。

お問い合わせ