事例

アメリカン航空(American Airlines)

  • 運輸サービス
  • ブランド調査
  • 消費者の動向検知

アメリカン航空(American Airlines)

事例のポイント

顧客接点を重要視し、その情報取得媒体としてのソーシャルメディアをBrandwatch Viziaを活用することで、顧客理解と対応スピードを向上
ソーシャルメディアからのインサイトをビジネス反映し、市場におけるブランド認知を社内教育にも活用
ソーシャルメディア上でのトレンドを、Brandwatch Viziaによる視覚力が強力サポート
ユーザーが生成するコンテンツもブランディング施策などに活用

 

アメリカン航空(American Airlines)のご紹介

1926年4月15日、チャールズ・リンドバーグは最初のアメリカン航空便を飛ばし、ミズーリ州セントルイスからイリノイ州シカゴまで米国の郵便を運びました。8年間にわたるメール航空を運行し、その後現在に至る事業が始まりました。
今日、アメリカン航空は50ヵ国以上約350拠点の目的地に向けて、1日あたり平均6,700便を提供しています。また、アメリカン航空は毎日150ヵ国を飛行しているメンバーで構成されるoneworld同盟の創設メンバーでもあります。

乗客を目的地に安全に到着させることがアメリカン航空のすべてであり、顧客接点はグローバルブランドとしてますます重要になってきています。
Viziaは、ソーシャルデータとマーケティングデータを可視化するために設計されたプラットフォームです。世界中のマーケティング担当者が顧客との距離を縮め、障害時やキャンペーン実施中に即座に対応できるようにし、業務の価値を示すことを支援するものです。

アメリカン航空(American Airlines)社が抱えていた課題

活用目的と選択理由

徹底的な商材リサーチの末、アメリカン航空はBrandwatch Viziaを数ある類似商材から選び抜きました。アメリカン航空の多くの要件とニーズを満たすことができたためです。
Brandwatch Viziaの活用を通じてアメリカン航空が実現したかった最終形態とは、ソーシャルメディアにおけるブランドに関する投稿を魅力的かつ視覚的に可視化することであり、ソーシャルチームに24時間年中無休で十分な情報を通知すること、但しチームメンバーにとって簡単にカスタマイズを加えてよりデータを活用できる状態を作り出すことでした。チームがソーシャルメディアにおける動向に迅速に適切に対応できるように、投稿動向のトピックスを理解する必要があり、それが顧客に寄り添うことにつながり、ブランド維持にも寄与すると考えます。

Brandwatch Viziaの設計思想は、クライアントファーストであり、アメリカン航空の文化にとって非常に快適なものでした。 Brandwatchは、ソーシャルメディアから消費者のニーズを見出すことにおいて実績や再現可能なノウハウを持っており、Walmart、Unilever、Toys RUsなどの巨大なブランドがBrandwatchViziaを導入・支持しています。

アメリカン航空の挑戦

BtoCブランドとして、アメリカン航空は常に顧客理解に努めています。ソーシャルアナリティクスの活用は、顧客理解の1つの手段に過ぎません。
Brandwatch Vizia導入前には、約4年間アメリカン航空にはコマンドセンターがありました。市場におけるブランド認知に関するあらゆる情報をこのコマンドセンターに集約することを、ビジネス観点上重要視しており、アメリカン航空ではその情報媒体にソーシャルメディアを加えることと新しく革新的な活用方法を模索していました。

「ソーシャルとデジタルは常に変化を続ける領域であり、グローバルブランドとしてこの領域への適応は避けられない」
ベス モアランド氏(Manager of Social Media Insights, American Airlines.)

アメリカン航空が Brandwatch Viziaを選択した主な理由の 1つに、革新さに挑戦し常に新しい機能を追加することで進化を続けるベンダーを探していた点があります。

「Brandwatchはいわば「パンとバター」のようになくてはならない存在です。分析にもコマンドセンターにおいても、プログラミング、データ収集、考察、そして将来における革新への期待はなくてはならない重要要素でありました」
ベス モアランド氏(Manager of Social Media Insights, American Airlines.)

課題解決のために行った施策

Brandwatchを活用して行った施策

ポイント①:顧客接点を重要視し、その情報取得媒体としてのソーシャルメディアをBrandwatch Viziaを活用することで、顧客理解と対応スピードを向上
ポイント②:ソーシャルメディアからのインサイトをビジネス反映し、市場におけるブランド認知を社内教育にも活用
ポイント③:ソーシャルメディア上でのトレンドを、Brandwatch Viziaによる視覚力が強力サポート
ポイント④:ユーザーが生成するコンテンツもブランディング施策などに活用

ポイント①:顧客接点を重要視し、その情報取得媒体としてのソーシャルメディアをBrandwatch Viziaを活用することで、顧客理解と対応スピードを向上

ブランド認知に関するあらゆる情報監視は警告システムとして活用することができます。潜在的な課題は見つけるのが早ければ早いほどよいのです。
今日、ソーシャルメディアにおいてブランド上のリスクが瞬発的に発生する可能性があります。アメリカン航空では自社に損害を与える可能性のある潜在的な問題をすぐに見つけ、迅速な対応を起こすための手段を求めていました。そのニーズを満たしたのが、Brandwatch Viziaのリアルタイム性です。

ポイント②:ソーシャルメディアからのインサイトをビジネス反映し、市場におけるブランド認知を社内教育にも活用

Brandwatch Viziaの視覚的訴求力は、ソーシャルメディアからの情報を顧客理解素材として事業に簡単に結びつける重要な役割を担っています。日々のインサイト考察は、アメリカン航空のソーシャルチームとグローバルに渡る他部署(マーケティングや運輸系、ロイヤルプログラムチームなど)との間で共有されます。インサイトによるソーシャルメディアの考察が深刻な場合は、その内容を経営幹部を含むトップリーダー間でも共有しています。

また、本社勤務メンバーにとっては航空事業最前線から距離を感じることが少なくないため、そうした心理的ギャップを埋める機能としてBrandwatch Viziaが「アメリカン航空の(市場から見える)今」を可視化し理解促進させたり、市場におけるブランドの見られ方を社内教育する素材としても機能しています。

ポイント③:ソーシャルメディア上でのトレンドを、Brandwatch Viziaによる視覚力が強力サポート

アメリカン航空は、時間単位更新の”Topics Cloud”を使用して、過去1時間の特定トピックの頻出度合いを測定します。”Topics Cloud”とは、単純な頻出単語の分析ではなく、話題をトピック別に判定する分析です。この短い時間枠により、企業は最も話題になっていることを簡単に確認できるため、ブランドに損害を与える可能性のある状況が発生した場合にチームが迅速に対応できます。

「通常、『バブルアップ』されるまでに1時間以内にリツイートされたり、10~20回のシェアがなされます。そのため、この時間単位更新のTopics Cloud画面上でその動向を確認でき、迅速な行動に移すことができます。」
ベス モアランド氏(Manager of Social Media Insights, American Airlines.)

ポイント④:ユーザーが生成するコンテンツもブランディング施策などに活用

空港付近から航空機の写真を頻繁に撮る大勢の航空愛好家や、空港ターミナルから飛行機の写真を撮ったり、飛行中に窓の外を見ながら写真を撮ったりされるご搭乗者などにより、アメリカン航空の航空機、顧客、スタッフなどに関連したユーザー生成の写真は、ソーシャルメディアにおいて毎日何百枚も共有がなされています。こうしたユーザー生成コンテンツを、ウィークリーメールマガジン(毎週12万人以上に送信)などで活用したり、顧客の声としてビジネスに取り入れています。

「顧客理解」のために、ソーシャルメディアをいかに革新的に活用していくかを追求されたアメリカン航空社の事例を是非、ご一読ください。
 
 
 

ブレインパッドが導入から
運用まで支援します

  • 使い方を支援

    使い方を
    支援

  • ナレッジを共有

    ナレッジを
    共有

  • 分析・運用を支援

    分析・運用を
    支援