ブログ

2020 Brand Visibility Report (2020ブランド認知度レポート)

※ブレインパッドはBrandwatchの国内正規パートナーであり、本記事はBrandwatch(イギリス)の許可を得て翻訳転載しています。翻訳元

 
 

ロゴを含む4000万枚の画像を分析して、最も撮影されたブランドを見つけました。


画像の力については何十年もの間、伝えられてきましたが、写真の変革により(特に、カメラ付きのスマートフォンの普及により)、コミュニケーションはかつてないほど視覚的になりました。
ブランドにとって、消費者が共有する画像は、製品や広告が実際にどのように見られるか、つまり、それらがどのように使用されるか、それらが表示される内容などについてなど新たしい視野を提供します。

実際、2020年の最も目立つロゴを特徴として調査した画像の14.7%だけが、実際に付随するテキストでブランドについてメンションしています。
特に従来のテキストベースの検索では見落とされる可能性のあるものが多い場合に、画像を効果的に分析できることは、隠されていたインサイトを明らかにするために不可欠です。

このレポートでは、最先端のテクノロジーを使用して、以下を探ります。
•2020年に最も目立つブランド(ランク付け)
•2020年にTwitterで最も目に見える産業
•最も目立つブランドの分析
•新しいImage Insights機能
このレポートの方法論については、こちらもご覧ください。

最も目立つブランド2020

現このランキングでは、Brandwatch Consumer Researchを使用して、2020年1月1日から6月14日までのTwitterデータの代表的なサンプルを収集しました。次に、世界最大のブランドのいくつかから約800のロゴのライブラリを使用して、それらのロゴが含まれているツイート内を検索しました。 Brandwatchが認識したロゴが添付された画像が含まれているのは4,000万弱ありました。
ボリュームごとにロゴのメンションをランク付けすると、最も目立つブランドは次のとおりです

最も目立つブランド2020

Ranking Brand
1 Nike
2 Adidas
3 Parental Advisory
4 Los Angeles Lakers
5 Spotify
6 Emirates
7 Apple Inc
8 Amazon
9 Coca-Cola
10 Manchester United
11 Puma
12 Samsung
13 Liverpool FC
14 McDonald’s
15 Chanel
16 UFC
17 Louis Vuitton
18 Air Jordan
19 Xbox
20 Arsenal FC
21 New York Yankees
22 Walmart
23 New Balance
24 AT&T
25 EA Sports
26 Jeep
27 Under Armour
28 Nintendo
29 MTV
30 Chevrolet
31 NFL
32 T-Mobile
33 Ben and Jerry
34 Pepsi
35 Manchester City FC
36 FIFA Game
37 Golden State Warriors
38 Converse
39 Juventus FC
40 Chick Fil A
41 Kia
42 Reebok
43 Sky
44 Wendy’s
45 Barclays
46 Red Bull
47 LSU
48 Real Madrid
49 KFC
50 Mercedes-Benz
Source: Brandwatch Consumer Research | 1 Jan – 14 June 2020

最も目に見える産業

トップ50を見ると、ブランドをセクターごとに分類しています。リストの中で最も代表的なのがスポーツでした。これらの12のブランドのうち、6つはサッカーチームでした。

2020年の多く期間、スポーツチームがライブイベントでプレーすることができなかったことを考えると、これは特に印象的です。スポーツが行われていないときでも、ジャージやベストをスポンサーしている人々は、支払っている分の露出はまだ得ていることを示しています。

ここでいうスポンサー「ファッション:小売」は、2番目に撮影されているセクターです。これらは主にスポーツウェア(ナイキ、アディダス、プーマなど)を作成するブランドですが、大きなチームのスポンサーでもあります。これらのブランドは、オンラインでの認知度の点で、チームのスポンサーシップとインフルエンサーの両方から恩恵を得ています。

3番目は、エンターテインメントブランドです。特に2020年は消費者がエンターテインメントを探すために多くの時間を費やましたので最も理にかなっています。このカテゴリーのブランドは本当にミックスされていますが、ゲームと音楽が大きなプレーヤーとして際立っています。Parental Advisoryのロゴ、Spotifyコンテンツ、MTVをフィーチャーしたアルバムカバーはすべて上位50に入る一方、任天堂とXboxのロゴはゲームコミュニティに誇りを持っています。

トップブランド:内容

ここでは、上位にランクされたブランドの周りで共有されている画像の上位のアクション、シーン、オブジェクト、人々を見て、要因やインサイトを引き出します。

NIKE ナイキ


インフルエンサー:サッカー選手のネイマールとメッシの名前は、NIKEのロゴの画像と一緒に何万回も表示されました。どちらもNIKEの服装で写真を撮られることがよくあります。

シーン:アリーナとスポーツシーンは、おそらく予想通り、NIKEロゴがフィーチャーされる最も一般的なシーンです。これは、1年のほとんどの間、アリーナが空であったという事実にもかかわらずです。

アクション:NIKEのロゴ画像には、主にフィットネス活動に参加している人ですが、最も一般的なアクションは実際に座っていることです。ナイキの服を着てリラックスした姿勢でポーズをとる人々の何千もの画像があります。

オブジェクト:NIKEのロゴ画像に表示される最も一般的な「オブジェクト」は人物ですが、スニーカーや靴も何千ものメンションをもたらしています。Box-freshのスニーカーが大人気です。

adidas アディダス


インフルエンサー:クリスティアーノ・ロナウドは、adidasの服を着ている写真が多い人の1人です(全世界ではないにしても)。もう1つの影響力のある人物は、K-popで有名なJisooです。彼女はアディダスのキャンペーンに参加したグループBlackpinkのメンバーです。

シーン:adidasのロゴ画像では、アリーナと群衆がよく見られます。これは、社会的距離を測定することを考えると、過去数か月にわたってソーシャルディスタンスがとられていることを考えると、(これも)驚くべきことです。一番上の「シーン」には「ロマンス」があり、想定外な分析結果です。これは、(SFWの意味で)お互いを抱きしめているアスリートの人々、または他のかわいいことについて「ロマンス」と分析されています。

アクション:adidasの場合、画像のアクションとしてスポーツが前面に出ており、「座っている」(NIKEの上部)の方はずっと下にあります。 「スピーチ」は、adidasのロゴ画像に関連する一般的なアクションのリストへの予期せぬ結果です。これらのメンションは、2020年に脆弱な子供たちが空腹にならないようにすることについて語ったサッカー選手のマーカスラッシュフォードからの引用になります。

オブジェクト:NIKEの分析と同じように、adidasのロゴ画像に現れる最も一般的な「オブジェクト」は人です。 Tシャツも広く共有されています(NIKEのイメージで靴/スニーカーが大人気でした)

NIKE vs adidas

前述のとおり、NIKEのロゴにはスニーカーの画像が多く、Adidasのロゴにはシャツの画像が多く含まれています。ファッションアイテムの内訳は次のとおりです(今回は、どちらかのブランドのロゴを含む画像が掲載されている衣料品に関連する単語に言及しているツイートを見ていきます)。

ナイキはここでほとんどのアイテムで独占していますが、アディダスはシャツに関して言えば優位に立っています。彼らのどちらについても、コートやジャケットもよくやっています。

ロサンゼルス・レイカーズ

ブランド可視性レポートは、2017年から毎年発表されています。毎回、製品の技術開発に基づいて繰り返し報告しており、今年も同じです。
おそらく、今年最も活用されるクールな新機能の1つは、Image Insightsによって、キーワードや特定のロゴを検索する必要なしに、画像内で特定のアイテムを検索できる機能です。意味を説明するために、ピザを見る例を次に示します。

新しいImage Insights機能

ブランド可視性レポートは、2017年から毎年発表されています。毎回、製品の技術開発に基づいて繰り返し報告しており、今年も同じです。
おそらく、今年最も活用されるクールな新機能の1つは、Image Insightsによって、キーワードや特定のロゴを検索する必要なしに、画像内で特定のアイテムを検索できる機能です。意味を説明するために、ピザを見る例を次に示します。

検索


特定のロゴや特定のキーワードを検索する代わりに、クエリには、ピザを含む画像を検索するという1つの簡単な指示がありました。
Brandwatch Consumer Researchは、2020年1月1日から6月8日までの間に、ウェブ全体から950,000件の投稿を返しました。
このすべてのデータを使用して、ピザの食べ方、作り方、ファンダムのさまざまな傾向を探ることができました。

インサイト1:自家製ピザはロックダウンのお気に入り


2020年のこれまでの傾向を見てみると、ロックダウン中に自家製ピザのスパイクが話題になっています。メンションは3月に急上昇し、4月と5月を通じて一貫して人気を維持しました。
自家製ピザの会話の中で何百人もの人々が特にピザオーブンの使用について話しました。これらは人気のロックダウンアクセサリーであることを証明しています。2020年5月にピザオーブンの検索が急増しました。

なぜこれが役に立つのか?
小売業者は、特に夏が近づくにつれ、ピザオーブンの商品をオンラインでさらに強化することを検討する必要があります。

インサイト2:さまざまな種類のピザをさまざまな日に渇望する


オリジナル投稿(RT、コメント、返信などを除く)を見ると、ピザの画像は金曜日、土曜日、日曜日に最も共有されています。

しかし、それらの投稿期間内では間違いなく望まれていているピザの種類に違いがあります。
「テイクアウト」または「注文」という用語を含む投稿では、金曜日にピザの画像が最も人気があることがわかりました。
「自家製」または「自家製」という用語を取り上げた投稿では、ピザの画像が土曜日に最も人気があることがわかりました。

なぜこれが役に立つのか?
最初のグラフを見ると、ピザのブランドは、土曜日に彼らのオファーのマーケティングに予算の大部分を費やしたくなるかもしれません。それは、それがほとんどのピザの投稿がある日だからです。しかし、実際には、人々がテイクアウトピザの注文について話す可能性が最も高いのは金曜日(および他の平日)です。

インサイト3:最も共有されているピザの画像には共通の品質がある


最も共有しやすいピザの種類は何ですか?
ピザの投稿をリツイートでランキングすると、2020年にこれまでにピザの最も共有された上位5つの画像を見つけることができました。
これらは主に、多くのレストランがドアを閉めなければならなかった検疫中にお気に入りのピザを逃した人々によって共有されました。

次のことがわかりました。
 •トップシェアされた5つのピザ画像のうち4つはペパロニピザをフィーチャーし、5つすべてが肉のトッピングをフィーチャーしました。
 •トップシェアのピザ画像5枚すべてが、厚皮のピザのみを示していました。

なぜこれが役に立つのか?
このデータに基づいて、新しいピザのお得な情報のアセットを作成するデザイナーは、厚皮のペパロニピザを前面に押し出して消費者の注意を引くことを検討してください。

インサイト4:付随する飲料に関して明確なお気に入りがあります


ピザの画像に表示される上位のロゴを見ると、食事に付随する消費者のお気に入りの飲み物を見つけることができます。
たとえば、ピザの横に表示される上部のロゴには、コカコーラとスプライトが表示されます。

なぜこれが役に立つのか?
消費者がAngry Orchard Ciderのボトルと並んでピザハットのボックスの画像を共有し始めたとしましょう。消費者に十分な関心がある場合は、ピザハットメニューでAngry Orchard Ciderの提供開始を検討すべきです。

サマリー


画像分析は年々にますますエキサイティングになっています。さまざまなブランドの認知度を比較できるだけでなく、その認知度を高めている要因を見つけることもできます。特定のオブジェクト(ピザなど)の画像から完全に異なるポイントから開始し、セクター全体に関連するアイテムからインサイトを引き出すこともできます

方法論

ブランドランキング

Brandwatchのコンシューマーリサーチプラットフォームを使用して、2020年1月1日から6月14日までのTwitterデータの代表的なサンプルを収集しました。GoogleのImage Insightsテクノロジーを使用して、画像に表示されるロゴを検索し、約4,000万枚の画像を表示しました。ロゴの検索は、約800のロゴのライブラリに基づいており、世界最大のブランドのいくつかを取り上げています。ランキングは、各ロゴが取得した投稿数を比較することによって行われます。ランクが高くなるほど、より多くのロゴの投稿が見つかりました。

インフルエンサー、オブジェクト、シーン、アクション分析

ナイキとアディダスの最も活躍したインフルエンサーは、ロゴ画像に付随するテキストに最も頻度が高く表示される名前を検索することで特定されました。これらは、トピッククラウドコンポーネントを使用して表示されました。

上位のロゴのオブジェクト、シーン、およびアクションの分析は、上位のオブジェクト、シーン、およびアクションのリストを生成することによって行われました(これはプラットフォームで自動的に実行できます)。次に、このレポートで共有する関心のある項目を選びました

ピザの深堀分析

この分析では、(Twitterだけでなく)データを収集するさまざまなソースからピザを含む画像を検索する新しいクエリ(検索)を作成しました。次に、Consumer Researchプラットフォームの標準ツールを使用してこれらの画像を分析しました。

昨年のレポートとの比較

今年のトップ50リストを昨年のリストと比較することはお勧めしません。少し異なる方法と異なる日付範囲を使用しており、検索したブランドのリストも異なります。

 
 
 

 

マーケティングリサーチツールBrandwatchについて

・機能紹介
・利用シーン
・事例

関連記事

・ソーシャルリスニングならTwitter?Facebook?注目すべきSNSとは
・10年分のソーシャルメディアデータから導く10の考察
・ソーシャルリスニングとは?概要や方法について
 

 

Brandwatchは
Twitter社のオフィシャルパートナーです。

ブレインパッドが導入から
運用まで支援します

  • 使い方を支援

    使い方を
    支援

  • ナレッジを共有

    ナレッジを
    共有

  • 分析・運用を支援

    分析・運用を
    支援