ブログ

ソーシャルリスニングでトレンドや顧客ニーズの変化を分析し、企画考案に活かす事例(「クリスマスケーキ」をケーススタディとして)

「クリスマス商戦」「バレンタイン商戦」など季節行事・イベントのタイミングは、小売業界が活況を迎える繁忙期で、実店舗やEC販売で激しい競争が繰り広げられます。
そのような競争に勝つためには、トレンドを把握し顧客のニーズや意識の変化を分析し続けることが重要です。

そこで、ルーシー&モニカ、リタ&セバスチャンの2つのスイーツブランドを展開している株式会社オン・ザ・プラネット様に、「クリスマスケーキ」をケーススタディとしてソーシャルリスニングでトレンドや顧客ニーズの変化を分析し、企画考案に活かす事例をご紹介いただきました。
販売戦略における市場調査をSNSデータで行う際の、分析工程や結果への洞察など、是非ご参考ください。

ソーシャルリスニングでクリスマスケーキに関してのSNS投稿分析

競合他社も一斉に実施する季節行事で差別化するヒントは、認知期間と誰が何を購買しているか!

クリスマスケーキといったビックワードと季節性のあるテーマをソーシャルメディアから分析し、結果を企画考案まで活かす為には以下の重要なポイントがあります。

・純粋な投稿量の比較をする上で、オリジナルの投稿を抽出したいためは除外する
・時系列的な比較は最低5年は遡って行わないとキャンペーン開始時期と毎年のトレンドの変化が見えない
・モデルになるようなブランドのSNSを使ったキャンペーンの成功例を深掘る
・企画考案の為にソーシャルメディアの投稿者属性と何を購買しているかまで絞り込むこと

ソーシャルリスニングを通じた直近の動向分析だけではなく、長期的な市場動向をビジネスに活かすための良質事例であり、是非多くの皆様にご参考にしていただけますと幸いです。

ケーススタディ:「クリスマスケーキ」で他社と差別化する為にトレンドや顧客ニーズの変化を分析し、企画考案に活かす

今回の事例は、下記ステップでご紹介いただきました。

1.分析目的の設定
2.分析準備
 分析準備①:キーワードの設定
 分析準備②:分析期間の設定
 分析準備③:データの確認
3.分析工程
 分析工程①:全体の投稿量の確認
 分析工程②:投稿内容
 分析工程③:男女別稿量比較
4.今後の施策

分析目的の設定~分析準備~分析工程の流れで構成されており、ソーシャルデータ分析の実践的な事例となっています。
市場調査をソーシャルデータで行う際の分析や結果への洞察、企画・施策への落とし込み方など参考になる記事ですので是非ご覧ください。

オン・ザ・プラネット様によるご紹介内容の全文は以下よりご確認いただけます。

ソーシャルリスニングでクリスマスケーキに関してのSNS投稿分析


 

企業紹介:オン・ザ・プラネット様

コミュニケーションすること。チームをつくること。人と共に生きること。わたしたち株式会社オン・ザ・プラネットは、そんなテーマを日常に埋没させることなく、最大限ビジネスに活かしていきたいと思っております。
 
 
 

 

マーケティングリサーチツールBrandwatchについて

・機能紹介
・利用シーン
・事例

関連記事

・ソーシャルリスニングならTwitter?Facebook?注目すべきSNSとは
・10年分のソーシャルメディアデータから導く10の考察
・ソーシャルリスニングとは?概要や方法について
 

 

Brandwatchは
Twitter社のオフィシャルパートナーです。

ブレインパッドが導入から
運用まで支援します

  • 使い方を支援

    使い方を
    支援

  • ナレッジを共有

    ナレッジを
    共有

  • 分析・運用を支援

    分析・運用を
    支援