ブログ

BrandwatchのTVデータで新しいインサイトを見つける4つの方法

※ブレインパッドはBrandwatchの国内正規パートナーであり、本記事はBrandwatch(イギリス)の許可を得て翻訳転載しています。翻訳元

Kintetiqとの新しい統合により、クロスチャネルのペイド、オウンド、アーンドコンテンツのレポート方法が変わります。

本日、Brandwatchは、ブランド向けリアルタイムTVインテリジェンスのパイオニアであるKintetiq社との新たなパートナーシップを発表します。

マーケティング担当者は長年にわたり、マーケティングへの統一的かつ総合的なアプローチを反映した分析プラットフォームを求めてきましたが、チャンネルごとのソリューションに頼る状況が続いていました。

85カ国以上、2,600以上のテレビ局から集められたKinetiqのデータをBrandwatchに導入することで、デジタルとテレビのデータを1つのプラットフォームでシームレスに見ることができ、マーケターやアナリストはインサイトを発見、整理、配信することができます。

Kinetiq社が保有する独自のデータをBrandwatchの業界最先端の機械学習技術で分析できることで、新たな可能性が広がります。ここでは特に、クロスチャネルのペイドコンテンツ、オウンドコンテンツ、アーンドコンテンツのレポート方法を変更する、4つの機能に焦点を当ててご紹介します。

ブランド認知度を360°把握する

TVデータを活用すると、ブランドが消費者の間で話題になっている場所や見られている場所の全体像を把握することができます。ソーシャル、オンライン、TVのすべてを1つのレポートでリアルタイムに追跡することができます。

Kinetiqのデータは、ブランドが受けているテレビ露出のレベルを示し、以下のように区別することができます。

  • ペイドの場所とアーンドの投稿
  • ブランドが登場した市場 – ローカル、ナショナル、グローバル
  • いつ、どこで、ブランドが「聞かれた」のか(クローズドキャプションを追跡することで、ブランドについて言及している人の声を聞く)。

Brandwatchのオンラインデータと同様に、競合他社も同じようにモニターすることができ、各メディアでの継続的なトータルシェアを測定することができます。

危機の全ライフサイクルを監視する

ソーシャルメディアの台頭以降、ブランドは、より速く、より複雑な新しい広報サイクルへの対応を学ばなければならなくなりました。危機の発生を察知するのに、いくつかのニュースメディアを注視していた時代は終わりました。

ソーシャルメディアは、良いニュースも悪いニュースも世界中に広める触媒の役割を果たしており、ソーシャルメディア上で起こったことがニュースになることも多くなっています。

ブランドは、風評被害の脅威が発生している場所を検出するために、メディアの状況を完全に、リアルタイムで把握する必要があります。ソーシャルメディアからテレビへ、あるいはその逆へとストーリーが移行しているかどうか、またどのように移行しているかを理解することで、ニュースがどのように展開するかを予測し、適切なタイミングで適切な対応策を講じることができます。

例えば、ウェブの片隅で話題になっていても、メディアに取り上げられていない場合は、放っておくのが最善の策かもしれません。一方で、ソーシャルメディアのユーザーが、地方の小さなニュースに掲載されるほどの注目を集めている場合は、声明を発表して全国的な報道の反応を先取りすることも意味があるかもしれません。

Brandwatchのアラートは、テレビ報道の変化を検知し、ニュース速報への対応の準備を始める必要がある人に即座にメールを送信することもできます。

 

メディア報道のドライバーを発見

Kinetiqのデータは、BrandwatchのAIを搭載したすべてのテキスト分析機能を使用して分析することができます。つまり、データをセグメント化して、より微妙なタイプの報道の傾向を観察することができます。

ブランドがニュースステーションで繰り返されるようなヘッドラインにヒットすると、テレビの報道が急上昇する傾向があります。このような急上昇を追跡することは重要ですが、大きなニュースや財務報告を除外して、次のようなことを監視することもできます。

  • ライフスタイル番組やレビュー番組での自社ブランドの話題
  • チャットショーでの有名人によるブランド名の言及
  • テレビドラマでのオーガニックプロダクトプレイスメント

Custom Classifiersを使えば、さらに一歩進んで、機械学習を利用してテレビデータを報道の要因別にセグメント化し、テレビやソーシャルメディアで製品がどのように語られているかを比較することができます。あなたのブランドは、憧れの存在として見られているのか、それとも価値のあるものとして見られているのか?人々はブランドのコアバリューを連想しますか?これらの認識は、メディアによってどのように異なるのでしょうか?

広告戦略の効果を測定する

これらの質問に答え、同様の方法で競合他社をモニターすることで、ブランドエクイティを構築する上でのメッセージングの効果を把握することができます。また、テレビ広告、イベントスポンサー、製品配置などの戦略の効果をより直接的に測定することもできます。

有償広告と無償広告を比較することで、テレビ報道に与える影響を確認したり、スポンサーイベントでのロゴを追跡したりすることができます。しかし、ソーシャルデータを加えることで、「セカンドスクリーン」でも広告の広がりを追うことができます。例えば:

  • 広告が放映されているときに、広告について投稿している人を追跡する
  • スポンサーシップが目につくイベント中のソーシャルチャッターの変化を監視する
  • 実際の需要を喚起するための広告の効果を把握するために、「購入意図」を分離する。

これらのブレンドされたインサイトは、テレビとソーシャルのキャンペーンをどのように調整するかを計画するのに役立ちます。広告自体が話題になることが多い場合は、認知度を高めるためにオンライン版を共有したり、ソーシャルcall to actionを広告に入れたりすることをお勧めします。

視聴者が製品についてより一般的に話している場合は、注目を集めている間に、特別オファーへのリンクをフォローアップするとよいでしょう。テレビとソーシャルが共生関係にあることは間違いありません。マーケターが知りたいのは、この関係がどのように機能しているかということです。

人々がテレビで見聞きしたことは、オンラインでの話し方に影響を与えるのか、それともソーシャルメディアがテレビやニュースのアジェンダを決めるのか?また、最も重要なことは、ブランドがこのマルチスクリーンの世界で最も効果的に機能するようにコンテンツ戦略を最適化するにはどうすればよいかということです。

KinetiqとBrandwatchの新製品は、マーケティング担当者がこれらの疑問に答えられるようにサポートします。

この統合を実際にご覧になりたい方は、当社の専門家とのミーティングをご予約ください。

  

マーケティングリサーチツールBrandwatchについて

・機能紹介
・利用シーン
・事例

関連記事

・ソーシャルリスニングならTwitter?Facebook?注目すべきSNSとは
・10年分のソーシャルメディアデータから導く10の考察
・ソーシャルリスニングとは?概要や方法について
 

 

Brandwatchは
Twitter社のオフィシャルパートナーです。

ブレインパッドが導入から
運用まで支援します

  • 使い方を支援

    使い方を
    支援

  • ナレッジを共有

    ナレッジを
    共有

  • 分析・運用を支援

    分析・運用を
    支援