• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッド、すかいらーくのビッグデータ分析基盤として「SAP® InfiniteInsight®」を導入
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、すかいらーくのビッグデータ分析基盤として「SAP® InfiniteInsight®」を導入
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、すかいらーくのビッグデータ分析基盤として「SAP® InfiniteInsight®」を導入
100億レコードを超える顧客データの解析と各種キャンペーンの精度の向上・効率化を支援

 株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲、以下SAPジャパン)は、株式会社すかいらーく(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:谷 真、以下すかいらーく)に、同社の顧客データの解析を行うビッグデータ分析基盤としてデータマイニング・ソフトウェア「SAP® InfiniteInsight®(エスエーピー・インフィニットインサイト)」を導入したことを発表いたします。

IMG_1080

▲公式モバイルアプリ「ガストアプリ」

 本システムは、すかいらーくが全国に約1,300店を展開するファミリーレストラン「ガスト」のPOSデータや公式モバイルアプリ「ガストアプリ」のログデータなど、100億レコードを超える膨大な顧客データを解析し、同社が実施する各種キャンペーンやクーポン施策のさらなる精度の向上と効率化を図るために利用されています。

 すかいらーくは、従来から各種キャンペーンやクーポン施策を実施する際に、データ活用やデータ分析に基づく意思決定を重視し、さまざまなマーケティング施策を行ってきました。

 最近では、モバイルアプリという新たな顧客接点の登場と会員の拡大等をきっかけに、従来よりも活用できる顧客データの質・量を充実させ、One to Oneマーケティングを実現する上での基盤を確立しています。

 その一方、一人ひとりの顧客像を把握し、分析結果に基づくより精度の高いマーケティング施策を実現するためには、今までの手法だけでは難しく、多種多様かつ大量のデータを用いて、解析からモデリング、施策実行、検証までのPDCAサイクルを高速で回す必要があり、そのためには、新たな仕組みが必要不可欠であると考えていました。
 同社は、こうした課題を解消すべく、大量データを高速・高精度に解析・モデリングし、かつ人手をかけずに、さらに効果を向上させることが可能なSAP InfiniteInsightの導入に至りました。

■株式会社すかいらーく マーケティング本部 インサイト戦略グループ ディレクター 神谷 勇樹様からのコメント
 「すかいらーくは、モバイルアプリなどの活用により、マス中心からOne to Oneへとマーケティングの重点をシフトしつつあります。その中でお客様一人ひとりの理解とお客様一人ひとりに対して適切なタイミングで適切なコミュニケーション/オファーをすることが非常に重要となっております。
 今回、SAP InfiniteInsightを採用した決め手は、『高速』、『高精度』の2点です。日々数多くの施策が実行される中で、一つの分析に何日もかかっていては間に合いません。高速でPDCAサイクルを回せるという要件は必須でした。
 また、高精度というのは当然かと思われますが、分析担当者のスキルレベルに依存せず、精度が担保できる点も優れたポイントの一つだと考えています。
 サポート面においても、ブレインパッドは、SAP InfiniteInsightのスキルのみならず、ビッグデータをハンドルする専門家人材が揃っており、ツールの活用に留まらないアドバイスを当社のビジネスに大いに役立てています。今後もブレインパッドとSAPジャパンのサポートに大いに期待しています。」

■ご参考情報
●株式会社すかいらーくについて http://www.skylark.co.jp/
 本社所在地:東京都武蔵野市西久保1-25-8
 設立:1962年4月
 代表者:代表取締役社長 谷 真
 資本金:2,479百万円(2015年2月12日現在)
 従業員数:5,625名(連結、2013年12月31日現在)
 事業内容:フードサービス事業全般、その他周辺事業

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
 (東京証券取引所市場第一部:証券コード 3655)
 本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
 設立:2004年3月
 代表者:代表取締役社長 草野 隆史
 資本金:331百万円(2014年12月31日現在)
 従業員数:134名(連結、2014年12月31日現在)
 事業内容:アナリティクス事業/ソリューション事業/マーケティングプラットフォーム事業

●SAPジャパン株式会社について http://www.sap.com/japan/index.html/
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

●「SAP InfiniteInsight」について http://www.brainpad.co.jp/products/SAPPredictiveAnalytics.html
世界で初めてデータマイニングの自動化を可能にした、データマイニング・ソフトウェア。人間のノウハウや判断が必要だったデータマイニングを、機械学習を含めた先進のアルゴリズムで自動化することにより、その生産性を飛躍的に向上させ、金融・通信・流通など、大量データを利用したアナリティカルCRMに革新をもたらしています。現在、SAP InfiniteInsightは、国内外でデータ活用を進めている500社以上の最先端の企業に採用されております。

*SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ