• HOME
  • ニュースリリース
  • 「L2Mixer」が、Yahoo!プロモーション広告の運用効率化を支援する「Preferred Partner Program」に認定
NEWS RELEASE

ニュースリリース

「L2Mixer」が、Yahoo!プロモーション広告の運用効率化を支援する「Preferred Partner Program」に認定
このエントリーをはてなブックマークに追加

「L2Mixer」が、Yahoo!プロモーション広告の運用効率化を支援する「Preferred Partner Program」に認定
- ブレインパッドが自社開発する国内最大規模の運用型広告最適化ツール -


 株式会社ブレインパッドは、自社開発する運用型広告最適化ツール「L2Mixer(エルツーミキサー)」が、ヤフー株式会社(以下Yahoo! JAPAN)が展開するYahoo!プロモーション広告の運用効率化支援制度「Preferred Partner Program(プリファード・パートナー・プログラム、*1)」において、特に優れたツールとして認定(*2)されたことを発表します。

■純国産の運用型広告最適化ツール「L2Mixer」の特徴
 「L2Mixer」の主な特徴は以下のとおりです。

1.「最適化入札」により、大幅な広告効果の改善を実現
 「L2Mixer」は、ブレインパッドが独自で開発する高精度の予測モデルおよび最適化計算エンジンにより、膨大な入札パターンの中から広告効果を最大化する最適な組み合わせを自動入札します。例えば大手ECサイトでは、「L2Mixer」の導入後、顧客獲得数51%向上、顧客獲得単価17%削減といった大幅な改善効果をあげております。
2.手間のかかる広告運用の効率化を強力にサポート
 「L2Mixer」は、広告運用の目的や条件に応じたきめ細かいルール設定により、従来の手運用では不可能だった大量キーワードの自動出稿を実現し、広告運用の効率化を実現いたします。また、純国産ツールであるメリットを最大限に活かし、Yahoo! JAPANのスポンサードサーチやYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)、Google AdWords、Google ディスプレイネットワーク(GDN)など広告媒体側の仕様変更などにも随時適応し、広告運用の効率化をサポートしています。

3.国内最大規模の運用型広告最適化ツール
 「L2Mixer」の現在までの運用実績は、アカウント数2万件、キーワード数6億件と国内最大規模を誇り、企業の広告運用部門や各種広告運用を請け負う広告代理店などに多数導入されております。大規模アカウントの運用実績もあるため、安心して導入いただけます。
■運用型広告最適化ツール「L2Mixer」の今後の展開
 「L2Mixer」は、今後もYahoo! JAPAN、Googleなどの広告媒体が提供する多様な広告メニューに対応していく予定です。高精度の予測モデルおよび最適化計算エンジンをベースとして、高度化・複雑化するインターネット広告の運用業務の効率化を支援して参ります。
 今回、ブレインパッドがYahoo! JAPANの「Preferred Partner」に認定されたことは大変光栄です。Yahoo! JAPANの広告主・広告会社の皆様の広告運用の効率化を支援できるよう、本プログラムを最大限に活用し、今後も機能拡張を進めて参ります。

(*1)「Preferred Partner Program(プリファード・パートナー・プログラム)」とは、Yahoo! JAPANが、高度化・複雑化するインターネット広告運用に取り組む広告主・広告会社に対して、広告運用の効率化を可能とするツールをマッチング・紹介する制度。Yahoo! JAPANから提供されたAPIをもとに、「入稿」「入札」「レポート」などの各工程を支援するツールを開発している企業の中から、特に優れた機能やサービスを提供している企業をPreferred Partnerとして認定している。
(*2)2017年1月17日、ヤフー株式会社発表
「Yahoo! JAPAN、Yahoo!プロモーション広告の運用効率化支援制度『Preferred Partner Program  (プリファード・パートナー・プログラム)』を開始~ 広告主・広告会社とツール開発企業をマッチング、テクニカルアドバイザーによる導入サポートも提供 ~(http://pr.yahoo.co.jp/release/2017/01/17a/)」

■ご参考情報
●「L2Mxier(エルツーミキサー)」について http://www.l2mixer.jp/
 「L2Mixer」は、手間のかかる運用型広告の業務負荷を軽減し、広告出稿のROI(費用対効果)を最大化するマーケティングツールです。膨大なパターンの中からキーワード・商品ごとに最適な入札価格の組み合わせを計算し自動入札を行う「最適化入札」機能、さまざまな条件とアクションを組み合わせたきめ細やかなルール設定により、手運用では難しい大量なキーワードに対しても自動入札が可能な「ルール入札」機能を搭載した純国産のツールとして、企業の広告運用部門や各種広告運用を請け負う広告代理店に多数導入されています。

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:331百万円(2016年12月31日現在)
従業員数:195名(連結、2016年12月31日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ