• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッドのCrimson Hexagonが、ビーコンコミュニケーションズのソーシャルリスニング業務に採用 - アナリストによる本格的な分析からリサーチまで、オールマイティに使える“最強ツール”と評価 -
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッドのCrimson Hexagonが、ビーコンコミュニケーションズのソーシャルリスニング業務に採用 - アナリストによる本格的な分析からリサーチまで、オールマイティに使える“最強ツール”と評価 -
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッドのCrimson Hexagonが、ビーコンコミュニケーションズのソーシャルリスニング業務に採用
- アナリストによる本格的な分析からリサーチまで、オールマイティに使える“最強ツール”と評価 -

 株式会社ブレインパッドは、フランスの広告グループ「ピュブリシスグループ」の一員で総合広告企業のビーコンコミュニケーションズ株式会社に、ソーシャルリスニング・プラットフォーム「Crimson Hexagon ForSight™ Platform(*)」を導入したことを発表します。
 Crimson Hexagonは、ビーコンコミュニケーションズがクライアント向けに提供する、ソーシャルメディアを活用した顧客分析レポートの作成や施策立案のための事前リサーチといった各種分析業務に活用されています。

(*)読み方:クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト・プラットフォーム、略称:Crimson Hexagon

■ビーコンコミュニケーションズのご担当者への事例インタビューを掲載しました。ぜひあわせてご覧ください。
 URL:http://www.brainpad.co.jp/case/13.html

■ビーコンコミュニケーションズがCrimson Hexagonを導入した理由
 ビーコンコミュニケーションズは、グローバルに事業展開する大手消費財メーカーなどのクライアントに対して、コミュニケーション戦略の立案から実施に至るまでをワンストップで提供しています。
 CRM Strategic Analytics Managerとして、戦略策定に必要な各種データ分析や分析結果にもとづく施策改善を支援する立場である同社の白井 俊行氏は、Crimson Hexagonを導入した理由を次のように説明します。

白井氏 “ 弊社には、ソーシャルデータを活用したい、特に投稿内容から生活者の行動やインサイトを把握したいという相談が非常に多く寄せられます。これらのニーズに応えるべく、国内外のありとあらゆるツールを使って分析してきましたが、本格的に分析しようとすると機能が足りません。Crimson Hexagonは、アナリストが行う本格的なソーシャルリスニングに必要な機能が揃っており、パフォーマンスが抜きん出て良かったことから採用しました。Crimson Hexagonではないとできないことや作業が楽になることがたくさんあり、最強のツールだと思っています。 ”

■Crimson Hexagonの具体的な活用方法とその効果
 ビーコンコミュニケーションズでは、主に、クライアント向けに提供するソーシャルメディア分析レポートや新しい施策立案時にCrimson Hexagonを使用しています。

白井氏 “ 今までは、テキストマイニングツールを併用しないと、実際の業務に耐えうるレポートは作成できませんでした。例えば、基本となる投稿内容の分類作業では、他ツールは分類の精度が低く、投稿データを一度ダウンロードし、別のテキストマイニングツールで分類する必要がありました。Crimson Hexagonは分類精度が高く、これらの作業がワンツールかつボタンひとつで行えるので、今まで数十時間かかっていたのが数十分に削減するなど大幅な工数削減につながっています。 ”

 また、同社では、アナリスト以外にも、ストラテジックプランナーやソーシャルメディアの担当者が新たな施策を考える上でのリサーチや競合分析に活用するなど、幅広い職種で20名以上のメンバーがCrimson Hexagonを利用しています。

白井氏 “ Crimson Hexagonは、アナリストによる本格的な分析業務から、企画立案のためのリサーチまで、どんな役割の人でも使えるオールマイティなツールだと思っています。実際の業務では、本格的な分析やチューニングが必要な場合はアナリストが分析し、それをもとにストラテジックプランナーが戦略を立て、その戦略のもとにクリエイターがコピーライティングや企画につなげる、といった複数の立場からクライアントのコミュニケーションプランを検討します。それぞれの立場でCrimson Hexagonを利用しながら、いわば全員の共通言語としてこの分析結果を利用しています。 ”

 導入事例インタビューでは、マーケターやPRの方がソーシャルリスニングを活用する際のポイントなども紹介されておりますので、ぜひあわせてご覧ください。
 URL:http://www.brainpad.co.jp/case/13.html

■ご参考情報
●「Crimson Hexagon ForSight™ Platform(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト・プラットフォーム)」について
 http://www.brainpad.co.jp/products/CrimsonHexagon.html
 「Crimson Hexagon ForSight™ Platform」は、ソーシャルメディアから、ブランドや商品に対する世界中の顧客エンゲージメントを分析するプラットフォームです。ソーシャルメディアのデータを用いた顧客インサイト分析により、マーケティングとビジネス・プログラムの活性化、最適化を実現します。米国・Twitter, IncおよびTwitter Japan株式会社、キヤノン株式会社などで採用されているほか、世界中で150社以上の企業やブランドにご活用いただいております。

●ビーコンコミュニケーションズ株式会社について http://www.beaconcom.jp/
本社所在地:東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル
設立:2001年1月
代表者:代表取締役マネージングディレクター フロリアン・トリポリノ
資本金:7億5,760万円
従業員数:約350名(2017年1月末現在)
事業内容:総合広告代理業

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2017年6月30日現在)
従業員数:219名(連結、2017年6月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ