NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、広告運用のインハウス化を支援する新サービスを提供開始
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、広告運用のインハウス化を支援する新サービスを提供開始
- 広告運用ツールの導入から運用支援まで一貫してサポート -

 株式会社ブレインパッドは、2018年2月より運用型広告(*1)のオペレーションを支援する新サービス「運用型広告インハウス支援サービス」の提供を開始することを発表いたします。

 ブレインパッドはこれまで、アカウント数2万件、キーワード数6億件という国内最大規模の運用実績を誇る運用型広告最適化ツール「L2Mixer(エルツーミキサー)」の開発・導入・運用を通じて、広告運用に関するノウハウを蓄積してまいりました。
 今回開始する「運用型広告インハウス支援サービス」は、当社のこれまでの実績とノウハウをもとに、広告運用を自社内で行えるようになりたいお客様向けに、社内の運用体制の構築から、各種ツールを活用した運用までを当社運用コンサルタントが支援するサービスです。

■運用力、テクノロジー、分析力を兼ね備えたサービス
 ブレインパッドの「運用型広告インハウス支援サービス」は、以下3つの強みを兼ね備えています。

●運用力    数多くの広告主、広告代理店にツール導入・運用支援を行ってきた実績と経験
●テクノロジー 広告運用を支援するさまざまなツールを自社開発
●分析力    データサイエンティストによる、データに基づく広告運用の改善

 そして、運用型広告における各種オペレーションを、当社開発の各種ツールを用いて自動化・効率化できる点が特徴です。

■近年、運用型広告の運用をインハウス化する流れが加速
 これまでは多くの企業が運用型広告のオペレーションをアウトソーシングする傾向にありましたが、近年は、広告運用をインハウス化することで、施策展開サイクルを高速化したり、自社内に広告運用ノウハウを蓄積したいと考える企業が増えてきています。このような市場の大きな流れとともに、当社のツールをご活用いただくお客様からも、インハウス化に向けた運用支援のご要望をいただくことが増えてまいりました。
 そこでブレインパッドは、今後ますます増加が予想されるインハウス化のご要望にお応えするため、これまでの経験・ノウハウを活かし、「運用型広告インハウス支援サービス」の提供を開始するに至りました。

■「運用型広告インハウス支援サービス」の内容
【ステップ1.総合運用支援プラン】
・社内の運用体制構築から実運用まで一貫してサポート
・運用型広告の基礎知識とオペレーションを習得するための教育研修を実施。運用体制が構築されるまで実運用をブレインパッドが代行
・本プランの契約期間中は「AdNote」「L2Mixer」「Rtoaster」が利用可能(*2)
・6ヵ月間でインハウス運用の体制を構築

【ステップ2.ツール導入・設定支援プラン】
・各種ツール(「AdNote」「L2Mixer」「Rtoaster」)の導入・設定をサポート
・本プランの契約期間中は「AdNote」「L2Mixer」「Rtoaster」が利用可能(*2)

(*1)運用型広告とは、特定の広告枠を固定的に購入するのではなく、アドテクノロジーを活用して、広告枠、入札額、ターゲット、クリエイティブ(制作物)などを変動させながら出稿方法を最適化するインターネット広告のこと。
(*2)「Rtoaster」は、レコメンド機能などの一部の機能のみが利用可能となります。「AdMincer」の利用料金は、ご利用方法により別途費用を算出いたします。

■ご参考情報
●「L2Mixer(エルツーミキサー)」について http://www.l2mixer.jp/ 
 「L2Mixer」は、手間のかかる運用型広告の業務負荷を軽減し、広告出稿のROI(費用対効果)を最大化するマーケティングツールです。膨大なパターンの中からキーワード・商品ごとに最適な入札価格の組み合わせを計算し自動入札を行う「最適化入札」機能、さまざまな条件とアクションを組み合わせたきめ細やかなルール設定により、手運用では難しい大量なキーワードに対しても自動入札が可能な「ルール入札」機能を搭載した純国産のツールとして、企業の広告運用部門や各種広告運用を請け負う広告代理店に多数導入されています。

●「Rtoaster(アールトースター)」について http://www.rtoaster.com/
 「Rtoaster」は、ブレインパッドが開発・提供する最先端のレコメンドエンジンが搭載されたプライベートDMPです。データの蓄積・管理から、スマートフォンアプリ/ウェブサイト/デジタル広告/メールなどの多様な顧客接点におけるパーソナライズアプローチ、行動ターゲティング/レコメンドといったアクションまで、デジタルマーケティングを強力にサポートします。複数のチャネルを横断した最適な顧客コミュニケーションを高度かつ精緻に行うことが可能な、国内最大規模のプライベートDMPとして、250社以上のさまざまな企業に導入・活用いただいております。
 また、ツールの提供に留まらず、豊富な経験を有するデジタルマーケティングコンサルタントによる導入・運用支援(要件定義からKPIの設計、施策の設計・実行、効果測定・改善案の提示)までをトータルに提供しております。

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2017年9月30日現在)
従業員数:222名(連結、2017年9月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発売日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ