COMPANY

会社情報

2015年の社長就任直後に発表した、「大規模データ分析を活用して社会に価値の高い変革を興すことに挑戦する」という前中期経営計画(2016年6月期~2019年6月期)は、全社員が信念を一つにしたことにより達成できました。

その4年間を通じて、大規模データにAIや数理最適化等の先進技術を正しく適用すれば豊かな社会を作れるということを、多くの顧客企業の皆様に実感いただけた結果として、当社グループの活動は少なくとも一定の社会的認知を得られたのではないかと思います。

当社グループが今後、さらに日本社会へのインパクトの大きい事業成果を目指していくことは言うまでもありませんが、その一方で世界に遅れを取らないように、より広い視点で未来を見据えることも必要であると考えています。

私自身は引き続き代表権のある会長職として、幅広いIT領域の先端で活躍されている日本を含む世界中のプロフェッショナル達やテクノロジー企業との連携を強化することで、付加価値の高い大規模データの高速分析やデータ分析結果の実装領域において、より一層存在感のある企業となるよう、鋭意努力を重ねていきます。

今後とも、データを活用した豊かな未来の実現のため、皆様からのあたたかいご支援をお願い致します。

株式会社ブレインパッド
代表取締役会長 佐藤 清之輔


2004年に「データ活用の促進を通じて持続可能な未来をつくる」というミッションと共に誕生した5人の会社は、皆様のご支援に恵まれ、15年の月日を経て、社員数300名を超える規模へと成長を果たすことができました。

その間、データ活用の必要性は高まり続け、現在は、誰もがデータを資産とし、その高度な活用を成長戦略の中核に位置付けるデータ資本社会ともいうべき時代に突入しています。技術的にも、大量データによる学習を前提とした人工知能技術の加速的な発達が、第四次産業革命として期待されるほどの大変革期を引き起こしつつあります。

同時に、人口増加やグローバル化の負の側面に対する危機感からSDGsが設定されるなど、持続可能性の向上についても世界的な関心が高まりを見せる中、当社はそのミッションの実現に向けて大きく踏み出せるステージに立っています。とりわけ、課題先進国と呼ばれる日本にあって、これからの社会課題を解決する鍵となるテクノロジーに精通した人材を多数擁した責任を感じるものでもあります。

皆様からの期待と信頼により、創業時に掲げた課題に本格的に取り組める機会に恵まれたことに心より感謝し、社会にインパクトを与えるよい仕事を一つでも多く生み出すべく、これからも、一つ一つの依頼に誠実に取り組んでいく所存です。

今後とも変わらぬご支援を宜しくお願い致します。

株式会社ブレインパッド
代表取締役社長 草野 隆史

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にどうぞ。

お問い合わせ