• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッド、FMラジオJ-WAVEに「Rtoaster」を導入 閲覧データが蓄積されていなくても、初回利用者にも、興味関心に沿ったパーソナライズを実現
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、FMラジオJ-WAVEに「Rtoaster」を導入 閲覧データが蓄積されていなくても、初回利用者にも、興味関心に沿ったパーソナライズを実現
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、FMラジオJ-WAVEに「Rtoaster」を導入
閲覧データが蓄積されていなくても、初回利用者にも、興味関心に沿ったパーソナライズを実現
― リスナーに新しい音楽・番組との出会いを創出 ―

 株式会社ブレインパッドは、FMラジオJ-WAVEの番組情報やイベント情報を届けるWebサイト「MY J-WAVE(マイジェイウェブ)」に、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP(*1)「Rtoaster(アールトースター)」を導入したことを発表いたします。

 「Rtoaster」はJ-WAVEのリスナーに新しい音楽や番組、パーソナリティーとの出会いを創出し、ラジオを身近に感じてもらうための先進的なデータドリブンマーケティングの実現に活用されています。

■テキストデータやアンケートデータを用いたパーソナライズにより「閲覧データが蓄積されにくい」「初回利用者はデータがない」からレコメンドができないという課題を解決
 「MY J-WAVE」は、ラジオの番組情報サイトという特性上、コンテンツの掲載期間が短いために、コンテンツごとの「閲覧履歴データ」が蓄積されにくく、ECサイトなど他のWebサイトで一般的に行われているコンテンツページの閲覧履歴に基づくレコメンドが困難であることが課題となっていました。
 そこでブレインパッドは、各ページのテキストデータを解析してコンテンツの内容やキーワードを抽出し、「Rtoaster」がその内容をふまえた類似コンテンツのレコメンドを行うことで、リスナーの興味・嗜好にあった情報を網羅的に提供するパーソナライズの仕組みを実現しました。

■閲覧履歴のない新着コンテンツでもリスナーの興味関心に沿ったパーソナライズが可能に
 新着コンテンツであってもテキストデータからキーワードを抽出し、類似のキーワードを持つコンテンツを閲覧しているユーザーに対してすぐにレコメンドを実行できるため、閲覧履歴がまだない新着コンテンツでも、リスナーの興味関心に沿ったパーソナライズが可能となります。
 これにより、コンテンツ自体の閲覧履歴が溜まるのを待つことなく、ユーザーの興味関心に沿ったパーソナライズを実現しています。

■初訪ユーザー向けの簡易アンケート結果をリアルタイムに反映し、関心度の高いコンテンツを提供
 上記施策に加えて、「MY J-WAVE」に初めて訪れたユーザーに対しては、年齢・性別・興味のあるジャンルといった数秒で回答できる簡易アンケートを実施し、回答内容に合わせたレコメンドをリアルタイムで行います。これにより、ユーザーの属性・趣味嗜好に関するデータが蓄積されにくいサービス利用初期の利用者に対してもパーソナライズを成功させています。

 なお、このテキストデータやアンケートデータを用いたパーソナライズは、自然言語処理(*2)エンジン「Mynd plus(マインドプラス)」を用いて実行しています。

■株式会社J-WAVE i 代表取締役社長 小向 国靖様のコメント
 J-WAVE iは、J-WAVEが積極的にデジタルマーケティングに取り組む中で、外部に依存せず自社内でノウハウを積み上げ、ラジオというメディアに新たな発展をもたらすために設立されました。
 リスナーの年齢層や性別によって異なるニーズに対して、どう対応するかという課題意識が「MY J-WAVE」の出発点になっています。
 そして今回、ブレインパッドに相談し、事業特性上の課題があっても、閲覧データに頼らないパーソナライズ手法と、初訪ユーザーへ簡易アンケートを行うというUIの工夫を含めた提案をしてもらいました。
 これにより、「MY J-WAVE」のテーマである「自分のライフスタイルをさらに豊かなものにしてくれる番組、好みに近いけどまだ聴いたことがないアーティストや情報」をリスナーに提供できるようになったので、とても満足しています。
 特定の番組に興味を持っているリスナーの年齢や性別、興味関心といった情報まで「MY J-WAVE」では掴むことができるので、今後は、マーケティングでの活用も考えていきたいと思います。

■J-WAVEによる「Rtoaster」活用方法の詳細を、導入事例として公開しています。
 ぜひご覧ください。
 URL:https://www.rtoaster.com/cases/detail13.html

(*1)DMP(Data Management Platform)とは、広告主・メディア・ECサイトなどが保有するさまざまな大量データを収集・分析し、主にマーケティング用途での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。
(*2)自然言語処理とは、人間が日常的に使っている言語をコンピュータに処理させる一連の技術であり、人工知能と言語学の一分野のこと。

■ご参考情報
●「Rtoaster(アールトースター)」について http://www.rtoaster.com/
 「Rtoaster」は、ブレインパッドが開発・提供する最先端のレコメンドエンジンが搭載されたプライベートDMPです。データの蓄積・管理から、スマートフォンアプリ/ウェブサイト/デジタル広告/メールなどの多様な顧客接点におけるパーソナライズアプローチ、行動ターゲティング/レコメンドといったアクションまで、デジタルマーケティングを強力にサポートします。複数のチャネルを横断した最適な顧客コミュニケーションを高度かつ精緻に行うことが可能な、国内最大規模のプライベートDMPとして、250社以上のさまざまな企業に導入・活用いただいております。
 また、ツールの提供に留まらず、豊富な経験を有するデジタルマーケティングコンサルタントによる導入・運用支援(要件定義からKPIの設計、施策の設計・実行、効果測定・改善案の提示)までをトータルに提供しております。

●「Mynd plus(マインドプラス)」について http://www.brainpad.co.jp/solution/ms/myndplus/
 「Mynd plus」は、人工知能・機械学習・統計学などの技術を駆使し、テキストデータを解析する自然言語処理エンジンとして、ブレインパッドとグループ会社であるMynd株式会社により共同開発されました。本製品には、Mynd社が提供するニュースキュレーションアプリ“Mynd”の技術や自然言語処理のノウハウが活用されております。

●株式会社J-WAVE iについて http://www.j-wavei.jp/
本社所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 33F
設立:2006年6月2日
代表者:代表取締役社長 小向 国靖
資本金:10百万円
従業員数:9名(2014年3月現在/委託・アルバイト含む)
事業内容:Webサイトの企画、開発、イベント企画、実施、ソーシャメディア企画、開発、スマートフォンアプリ企画、開発、動画・映像コンテンツ制作、音声コンテンツ制作、自社メディア運用

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2018年6月30日現在)
従業員数:263名(連結、2018年6月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ