• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッド、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表、広告運用における「主要3機能」の大幅な機能強化を実施
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表、広告運用における「主要3機能」の大幅な機能強化を実施
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表、
広告運用における「主要3機能」の大幅な機能強化を実施
- “予算調整”、”カスタムレポート”、”分析”の業務を自動化へ -

 株式会社ブレインパッドは、自社開発のインターネット広告運用支援ツール「AdNote(アドノート)」が、“予算調整”、“カスタムレポート”、“分析”の3つの運用業務の大幅な工数削減ができる機能をバージョンアップしたことを発表します。

 ブレインパッドは、これまで「アカウント数2万件、キーワード数6億件」という国内最大規模の運用実績を誇る運用型広告(*1)最適化ツール「L2Mixer(エルツーミキサー)」の開発・導入・運用を行ってまいりましたが、これまでの実績とノウハウを活かし、2018年2月より新たに広告運用支援ツール「AdNote」を開発し、提供を開始しております。

 今回のバージョンアップによって広告運用の主要な業務である予算調整、カスタムレポート、分析の自動化が可能となりました。これらの自動化により業務時間が捻出され、広告運用担当者は、より一層の運用工数削減と広告効果のパフォーマンスを向上させるためのアカウント改善に時間を使うことができるようになります。


■【①予算調整】毎月の広告予算の「予算超過・不足」を防止
 「AdNote」の予算自動更新機能(*2)に、予算を媒体キャンペーン別に設定できる機能が追加となり、1ヶ月の予算が明確に決まっているキャンペーンや、絶対に予算を変更したくないキャンペーンに対して、予算の自動調整の対象から除外して管理できるようになりました。運用担当者が毎日コストを計算して設定していた予算調整業務が自動化されるので、予算の超過や不足といった運用ミスを防ぐことが可能となります。
 広告運用者が手動で行ってきた運用に近い「きめ細やかな広告運用」を自動化することで、出稿金額を管理するだけではなく、成果も追える運用を推進いたします。

■【②レポート作成】運用担当者が本来行うべき「提案や分析」に時間を割くことが可能に
 広告運用者が定期的に報告しているレポートや、運用型広告独特のカスタムレポートが、手間をかけずに出力することができるようになりました。広告運用担当者がレポート作成作業に追われる時間を削減し、本来行うべき「売上アップ」につながる提案や分析のための時間を捻出することができるようになります。

  1.  CV種別レポート
    登録・資料請求・問い合わせといった複数のCVポイントの内訳を表示できるレポートフォーマットを追加しました。これにより、CV種別レポートを作成するために複数回データをダウンロードし、手作業でレポートを作成していた手間が、1回のデータダウンロードでレポート出力することが可能となりました
  2. 品質スコアレポート(定点観測)
    キーワードの品質スコアを1週間単位で出力できるレポートフォーマットが追加され、各媒体の管理画面では「リアルタイム」の品質スコアのみ表示することが可能となりました。日々更新されていく品質スコアを定点で観測し、「AdNote」で「サマリレポート」として出力できる機能となるため、「過去にどのような施策をして品質が変動したのか」を時系列で確認することができます。

  3. レポート自動送信
    「AdNote」で作成したレポートをメールで自動的に送信することができます。今までレポートをダウンロードし、メールへ添付して送信していた一連の業務が自動化されるので、宛先間違いのリスクや、メールの送り忘れといったミスを低減させることができます。
    また、レポートを共有したいユーザーを設定し、送信の頻度を月次や週次で変更することで、担当者に恣意的にアラートとして通知することも可能となります。

■【③分析】「AdNote」の管理画面上で指定した期間の実績同士を簡単に比較
 今回のバージョンアップにより、特別な設定をしなくても「AdNote」の管理画面上で「費用とCVの比較」等の複数指標を用いた集計分析を行うことが可能となりました。
 通常、広告支援ツールに機能が網羅されていても、使いづらさや面倒な設定が多いことから結局「レポートで出力」し、必要な分析を実施していることがほとんどです。
 「AdNote」なら、管理画面上に用意された複数の簡易的な分析パターンにより、結果をスピーディに確認することができるので、分析に要する集計時間を短縮することが可能です。■今後のリリース計画
 運用型広告領域の激しい市場環境の変化に対応すべく、「AdNote」は自社開発・自社提供の体制を活かし、短サイクルでの開発・機能追加を計画しています。

<今後の予定>
・2018年12月  入札機能の実装
・2018年12月 カレンダー機能のUI改善、さらなる操作性向上
・2019年2月  「AdNote」に連携していない媒体のローデータをCSVで取り込み一括出力に対応
・2019年3月   Google アナリティクス連携
・2019年3月  レポート機能に「データ分析サジェスト」機能の追加
        ※さらに使いやすくなるように、機能・UI改修も随時計画中。


(*1)運用型広告とは、特定の広告枠を固定的に購入するのではなく、アドテクノロジーを活用して、広告枠、入札額、ターゲット、クリエイティブ(制作物)などを変動させながら出稿方法を最適化するインターネット広告のこと。
(*2)月予算の設定をすると「AdNote」が広告出稿金額の残日数と残予算から最適な広告予算配分を決定し、媒体のキャンペーン予算を自動更新します。


■ご参考情報
●「AdNote(アドノート)」について http://www.web-adnote.com
 「AdNote」は、29種類の豊富なレポートを自動で作成する機能に加え、効果的な広告予算配分のシミュレーションを行う機能を搭載した、広告運用支援ツールです。 Google広告 、Yahoo!プロモーション広告、facebookなどの主要広告媒体に対応し、シンプルな操作性と自動化により広告運用の負荷を削減します。

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2018年9月30日現在)
従業員数:267名(連結、2018年9月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発売日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ