• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッド、脱炭素社会の実現等を目指す、日本初の「ESGアクセラレータープログラム」に協賛
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、脱炭素社会の実現等を目指す、日本初の「ESGアクセラレータープログラム」に協賛
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、脱炭素社会の実現等を目指す、日本初の「ESGアクセラレータープログラム」に協賛
ー 技術開発に取り組む新興企業への支援を通じて、持続可能な未来づくりに貢献 ー

 株式会社ブレインパッドは、ベンチャー・キャピタルのインクルージョン・ジャパン株式会社による「ICJ2号ファンド」に出資するとともに、同社が主催する日本初のESGアクセラレータープログラム(*1)「ICJ ESG アクセラレーター2021」に協賛することを発表いたします。

 「ICJ2号ファンド」は、ESG/SDGsの浸透と実装に寄与する新興企業への投資を目的としており、一次募集出資者としては、ブレインパッドのほかに、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社福岡ソノリクなどの参画が決定しております。同ファンドは、投資先の事業を通じた社会・環境面のインパクトと経済的なリターンを両立させるため、投資先のESGマネジメントを重視している点が特長です。また、世界基準に照らしたESG投資を行うために国連責任投資原則(PRI)へ署名するとともに、独自のESGポリシーを制定しています。

 「ICJ ESG アクセラレーター2021」は、「ICJ2号ファンド」の投資活動の一環として、新興企業、事業会社、投資家の協働による事業化支援を進める、ESGアクセラレータープログラムです。ブレインパッドのほかに、株式会社三菱UFJ銀行、日本マイクロソフト株式会社などの協賛が決定しております。

 ブレインパッドは、ESG/SDGsを重点テーマとする同ファンドへの出資、同プログラムへの協賛を通じて、当社のミッションである「データ活用の促進を通じて持続可能な未来をつくる」ための取り組みを推進してまいります。

■株式会社ブレインパッド 代表取締役社長 草野 隆史のコメント
 ブレインパッドは、創業来「データ活用の促進を通じて持続可能な未来をつくる」というミッションを掲げて事業活動を展開しておりますが、これは当社単独で成し遂げられるものではなく、当社が有するデータ活用・分析のノウハウやスキルを必要とするクライアント企業やアライアンス先との協働を通じ、広く社会に実装することで、初めて実現できるものであると考えています。
 ICJの取り組みは、社会の持続可能性の重要性を強く認識したものであるだけでなく、その実現には新興企業と事業会社が協働しながら立ち向かうべきであるとの考えに基づいており、当社の理念とも合致するものであります。
 ブレインパッドは、ICJの取り組みに大いに賛同し行動を共にするとともに、当社としてもこの活動を通じて出会う新たな企業との協創で、持続可能な未来づくりを加速させることができるようになることを大いに期待しております。


 本件に関しまして、インクルージョン・ジャパン株式会社よりニュースリリースが発表されております。発表内容の詳細は、以下のリンクよりご覧いただけます。

 ●2021年7月8日 インクルージョン・ジャパン株式会社発表
  ベンチャー投資『ICJ2 号ファンド』ファーストクローズのお知らせ 
  三菱UFJ銀行ほか協賛企業決定「ICJ ESGアクセラレーター2021」


(*1)アクセラレータープログラムとは、大手企業や自治体がベンチャー企業、スタートアップ企業などの新興企業に出資や支援を行うことにより、事業共創を目指すプログラムのこと。


■ご参考情報

株式会社ブレインパッドについて 
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 草野 隆史
資本金:597百万円(2021年3月31日現在)
従業員数:385名(連結、2021年3月31日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス


*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ