「前日にどの商品に興味を持ったか」のデータを活かし、常連のお客様へアプローチ。店舗とECをデータでつなぐ接客方法とは

業種
課題

商品購入率

利用技術

店舗によく来てくださる「常連のお客様」へDMや新商品のお知らせをお送りする際、「そのお客様がどんな商品に興味を持ったか、今何が欲しいと思っているのか」がわかれば一人一人にお知らせする内容は変わってくるかと思います。店舗であれば前回の購入履歴や試着したアイテムがわかりますが、ECサイトでの動きはわからないことがほとんどです。ECサイトでどんなアイテムを見ていたのか、どんな商品に興味があるのかを知るためにはどうしたらよいのでしょうか?

施策概要

  • 前日に「在庫を確認する」ボタンを押下したユーザーデータをスコアリングし、Rtoasterへ送信。店舗側でデータから優良顧客を絞り、電話やメールで一人一人に対してアプローチを実施

施策ポイント

  • 店舗スタッフにECサイトのデータを渡すことで、ECサイトと店舗が連動して一人一人に合わせた施策を実施できるようになりました。
  • 店舗でより丁寧な接客をするためには、過去にオンラインでどういう行動をしていたかなどお客様のデータがとても重要です。前日に「店舗在庫を確認」ボタンを押していた、という情報を接客で活かすことで商品購入率向上も期待できます。

この施策で得られた成果

常連のお客様により丁寧に対応することができるようになりました

お客様一人一人に丁寧に対応したい、との思いから始まったこの取り組み。常連のお客様が前日どの商品を見ていたかのデータを活用し、電話やDMなど店舗から働きかけができるようになりました。

閉じる