「興味キーワード」×「閲覧履歴」でユーザーインサイトを発見

業種
課題

メディア間で連携し、ユーザーインサイトを発掘したい

利用技術

メディアに来訪した読者が「どんな記事を読んでいるか」は解析ツールを使えば見えてきます。しかし、読者一人ひとりが「記事中のどんな言葉に反応しているのか」までは見えてきません。どのキーワードに反応したのか、興味を持ったかというインサイトがわかればオリジナリティーのあるコンテンツを制作することができます。では、どうしたら「興味のあるキーワード」を解析することができるでしょうか?

施策概要

  • Rtoasterの「興味キーワード解析」機能を使用し、記事ひとつひとつに含まれる「キーワード」データと読者の閲覧履歴をかけあわせ、実際にどういうキーワードを含む記事が読まれているかをCDPに蓄積
  • 読者の興味関心に沿って、読者ごとに適したコンテンツをレコメンド

施策ポイント

  • 興味関心というセグメントだけではなく、読者が興味を持った「キーワード」を解析したことにより詳細なインサイトを把握。
  • カテゴリだけだと「美容」「メイク」「ファッション」など大枠でしか捉えられませんが、「デート」「旅行」「おしゃれ」などキーワード単位で細かいニーズを把握できるため、広告主がリーチしたい読者層に届くコンテンツを制作することができます。

関連事例

株式会社小学館様
小学館の新データビジネス『コトバDMP』でのRtoaster活用
読者と広告主の新しいエンゲージメントを生んだ仕組みを公開

閉じる