Webサイトの行動履歴に合わせて、最適なクーポンを表示

業種
課題

クーポン利用率を上げて商品購入に繋げたい

利用技術

購入意欲がある程度高まってきたタイミングでお客様のニーズに合ったクーポンを表示することができれば、購入を後押しできる確率が高まります。同じクーポンを乱発するのではなく、そのお客様の購買履歴や閲覧履歴に合わせたクーポンを提示するにはどうしたらよいでしょうか?

施策概要

  • 「SNS公式アカウント経由の場合はそのキャンペーンに関連したクーポンを提示」など流入経路を条件にクーポンを出し分け
  • カート内の合計金額を条件に、「◯円以上のお買い上げで◯円オフ」などまとめ買い割引クーポンを表示

施策ポイント

  • クーポン表示ルールをきめ細やかに設定し、ひとりひとりのお客様の行動に合わせて関連したクーポンを提供。Web上の行動履歴に基づいているので、クーポン使用率を上げ購買促進が見込めます。
  • 顧客マスタとRtoasterを連携させれば、顧客マスタ上で「クーポン付与済」のフラグが立っているお客様には「今使えるクーポンはこちらです」とカートページで表示されるような設定も可能です。カートページで再表示させることでクーポンの期限切れを防ぎ、お客様の満足度も高めることができます。

関連事例

株式会社ピーチ・ジョン様
レコメンド箇所は150超!RtoasterをECサイトにフル活用し、
カスタマーデライトの向上を実現したピーチ・ジョンの活用事例

閉じる