メディアを横断したコンテンツレコメンドを実施。他メディアからの誘導で滞在時間UP

業種
課題

メディアのサイト内滞在時間、回遊率を上げたい

利用技術

複数のメディアを運営していると、メディアによって読者層が違うためサイト間でユーザーを送客することが難しいことがあります。しかし、メディアを横断してタイアップ記事などを届けることができれば他のメディアにもいる潜在顧客へリーチすることが可能かもしれません。では、どうしたらメディアを横断してレコメンドを出すことができるでしょうか?

施策概要

  • ターゲットが興味を持ったキーワードをメディアを横断したCDPに蓄積、他メディアに来訪した際に「おすすめコンテンツ」として別メディアの記事へのリンクをレコメンド

施策ポイント

  • 他メディアの記事への誘導枠を設けたところ、それまでよりも滞在時間が長くなる場合がありました。他メディアにも、本来は記事を届けるべきターゲットが眠っていたということがわかります。
  • メディアを横断して記事をレコメンドすることが、ターゲットへの訴求に効果があるという裏付けになりました。複数のメディアを運営し、あらゆる読者層を網羅していればいるほどメディア間の送客が期待できます。

この事例で得られた成果

  • メディアの枠にとらわれず、ターゲットの興味関心に合わせたレコメンドを表示することでエンゲージメントが高まり、滞在時間も向上させることができた

関連事例

株式会社小学館様
小学館の新データビジネス『コトバDMP』でのRtoaster活用
読者と広告主の新しいエンゲージメントを生んだ仕組みを公開

閉じる