有料オプションを利用してくれる確度の高い顧客セグメントを特定、確度の高いセグメントを優先的に狙って施策を展開。

業種
課題

確度の高いセグメントをスムーズに作成したい

利用技術

マーケティングにおいて、効果の見込めそうな対象と施策を特定することは重要です。しかし、クライアント数が多く、業種や役職、利用状況など判断要素が増えれば増えるほど、セグメントを分けるだけでも膨大な工数がかかり施策になかなか着手できないことも。では、どうしたら効果の見込めそうなセグメントを特定できるでしょうか?

施策概要

  • Rtoasterの「ユーザー分析機能」を活用し、サービスごとのお客様のボリュームやどんなデバイスで見ているかなどクライアントの特徴を把握
  • 自社で保有している顧客情報をRtoasterにインポートし、業種別顧客数などを可視化。優先順位を付けてスムーズにセグメントを作成

施策ポイント

  • 「このサービスはこの業種のクライアントに必要とされるのでは」という仮説を立てた上で、実際の業種別顧客数を把握しました。その結果、当初想定していた数百ものセグメントを作る必要はなく、確度の高いセグメントを優先的に狙って施策を展開できるめどが立ちました。
  • ユーザー分析を行うことでお客様のサービスに対する関心が把握でき、お客様理解の解像度が上がりました。

関連事例

ヤマト運輸株式会社様
93万社のお客様の「顔」や「興味」をイメージし
必要であろう法人向けサービスを先回りする「For you」を実現

閉じる