• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッドの「Brandwatch」、クックパッドによる食の安全を守る活動を目的とした分析にて活用
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッドの「Brandwatch」、クックパッドによる食の安全を守る活動を目的とした分析にて活用
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッドの「Brandwatch」、クックパッドによる食の安全を守る活動を目的とした分析にて活用
- 食の危機管理に役立つ情報を提供するために、SNSからリスクを発見・分析 -

 株式会社ブレインパッドは、クックパッド株式会社(以下、クックパッド)にマーケティングリサーチツール「Brandwatch(ブランドウォッチ)」を導入したことを発表いたします。
 クックパッドは「Brandwatch」を活用し、生活者の家庭料理シーンにおけるトレンドや課題を把握してサービス向上に役立てるほか、同サービスの利用者以外にも広く料理の安心・安全に関する情報を発信していくことを目的に、リスクとなり得る情報を発見・分析するツールとしても活用を進めています。


■プラットフォーマーとして料理の安心・安全に関する情報を発信するため、SNS分析結果を活用したい
 クックパッドは、「毎日の料理を楽しみにする」の実現を支援するプラットフォームとして、国内の月間利用者数が約5,700万人以上、投稿レシピ数が約347万品以上(※2021年2月末現在)を誇る料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」を運営しています。
 「クックパッド」には、ユーザーが公開したたくさんの有益なレシピが集まる一方で、食材をユニークに活用する事例や、通常とは異なる調理器具の使い方が公開されることもあるため、それらの情報がSNSを通じて思わぬ形で広まると、予期せぬ調理事故や衛生管理上の問題に発展してしまう可能性をはらんでいます。
 そこで同社は、生活者に対し「クックパッド」という枠に留まらず、料理や食事に関する情報全般を発信していきたいと考え、消費者動向の検知・モニタリングを通じた危機管理と、万が一の事態が起こっても迅速な対応がなされるような正しい情報発信と啓蒙活動に取り組んでいます。
 同社は、これらの活動をより推進するために、料理や食事に関するさまざまな情報全般を収集・調査できるツールとして「Brandwatch」を採用しました。

■採用の決め手は、課題の発掘だけでなく新たな視点での施策検討も可能であること
①情報を見落とさないために、アクセスできるSNSデータの量と深さを評価
 料理そのものの話題はSNS上にて頻繁に目にするものの、料理の安心・安全に関する話題は決して多くはないため、大量のデータからサンプリングされた情報を確認するだけでは重要な情報を見落としてしまう恐れがあります。そこでクックパッドは、「Brandwatch」がTwitter投稿の全量データにアクセス可能である点を評価しました。

②あらゆることが調査・分析できる自由度の高さ
 「Brandwatch」は大量のデータを多様な切り口で分析でき、その分析結果を、豊富なバリエーションのダッシュボードで確認できます。クックパッドは、「使い方次第であらゆることが調査できそう」「さらに使いこなせるようになってみたい」と思えるような、「Brandwatch」の調査・分析の自由度の高さを評価しました。

■クックパッド株式会社 クリエイション開発部 渡邉 真知子様からのコメント
 料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」は、各ご家庭で生まれた料理・レシピを、利用者様ご自身によって公開していただくサービスです。「クックパッド」には、アイデアがつまった素敵なレシピがたくさん集まる一方で、調理事故および衛生管理の観点で気を付けるべき情報が掲載される可能性があります。
 昨今のSNSの影響力は大きく、その伝播を通じて健康に関わる予期せぬ事態が起きないようにするには、プラットフォーマーである当社自身が食の安心・安全に役立つ幅広い情報を発信し、生活者へ伝えていく必要があるのではないかと考えるようになり、Twitterを中心とするSNS分析に取り組むことにしました。
 「Brandwatch」を採用した理由としては、料理や食事のリスクに関する社会的な認識とのギャップを発見でき、リスクを防ぐための情報発信・啓蒙活動の打ち手の選択肢を広げるためにアクセスできるSNSデータの量と深さ、そして自由度の高い分析・調査を可能とする機能性です。また、それ以外にも当社からの抽象的な要望をダッシュボードにて可視化いただくなど、ブレインパッドの分析力・サポート力の高さ、対応のきめ細やかさも決め手となりました。
 今後、さらに「Brandwatch」の活用が進むような成功体験を創出し、「クックパッド」の活性化につながる施策を展開していきたいと考えています。引き続き、ブレインパッドのご支援に期待しています。

■クックパッド株式会社による「Bradwatch」活用内容の詳細を、導入事例として公開しています。ぜひご覧ください。
 URL:https://www.brainpad.co.jp/products/brandwatch/case/cookpad/


■ご参考情報
●「Brandwatch(ブランドウォッチ)」について 
 「Brandwatch」は、世界のエンタープライズソーシャルアナリティクスのリーダーとして、ユニリーバ、ウォルマート、デルなど2,000以上のグローバル企業に活用され、データドリブンなビジネス上の意思決定を可能にしています。「Brandwatch」は、何百万件もの投稿から鋭い洞察を生み出し、ソーシャルメディアを通じたマーケティングキャンペーン、広告宣伝活動を最適化することが可能です。
 「Brandwatch」は、英ブライトン、米ニューヨーク、サンフランシスコ、独ベルリン、シュトゥットガルト、仏パリ、シンガポール、豪シドニー(予定)を含む世界中にオフィスを構えています。2013年には「PeerIndex」、2017年には「BuzzSumo」の買収を行い、2018年には「Crimson Hexagon」との合併を経て、世界でのプレゼンスをさらに強化しています。

クックパッド株式会社について
 本社所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー12F
 設立:1997年10月1日
 代表者:代表執行役 岩田 林平
 資本金:5,286,015千円(2020年12月31日現在)
 従業員数:547名(連結、2020年12月31日現在)
 事業内容:毎日の料理を楽しみにする事業

株式会社ブレインパッドについて
 (東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
 本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
 設立:2004年3月
 代表者:代表取締役社長 草野 隆史
 資本金:597百万円(2020年12月31日現在)
 従業員数:382名(連結、2020年12月31日現在)
 事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。


以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ