NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッドとRPAテクノロジーズ、RPA×AI導入支援パッケージプランを発表
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッドとRPAテクノロジーズ、RPA×AI導入支援パッケージプランを発表
- お客様のRPA高度活用目的に合わせて最適なAI機能をプラグイン -

 株式会社ブレインパッドとRPAテクノロジーズ株式会社は、RPA(*1)がベーステクノロジーとなる「BizRobo!」にAIを付加した高度活用を支援する「RPA×AI導入支援パッケージプラン」を共同開発し、本日より提供を開始することを発表いたします。

 「RPA×AI導入支援パッケージプラン」は、ブレインパッドの「ブレインロボ(BrainRobo)」が提供するRPA×AIプラットフォームを活用し、RPAの導入のみならず、複数のAIやツール、サービス群から最適なプラグインを選択することで、RPAを早期に高度活用いただけるサービスです。
 ブレインパッドにて独自開発した機能をはじめとする各種プラグインは、「ブレインロボ(BrainRobo)」から機能単位に呼び出せるだけでなく、適切な機能群を束ねて効果的に活用することも可能です。

(※)ブレインパッドは、RPAテクノロジーズと販売代理店契約を締結し、同社が提供するRPAツール「BizRobo! Basic(ビズロボ・ベーシック)」にブレインパッドの分析知見等を付加したソリューション「ブレインロボ(BrainRobo)」を提供しています。
(※)「ブレインロボ(BrainRobo)」から呼び出すことができる各種プラグインは、単独での販売はせず、「RPA×AI導入支援パッケージプラン」内にて提供いたします。

■「RPA×AI導入支援パッケージプラン」に用意されているプラグインの提供例
 すぐに「ブレインロボ(BrainRobo)」から呼び出せるプラグインを用意することにより、開発コストと時間をセーブし、早期にRPAの高度活用を始めることができます。さらに必要に応じて、ブレインパッドのデータサイエンティストが機能の精度向上を行います。

・画像認識プラグイン:画像データを読み込み、色の判定などを行います。
・言語解析プラグイン:人間によるレビュー済のデータや申請書類などの文章を解析し、要約や頻出単語の抽出・ラベリングを行います。
・文字認識プラグイン:AI OCRや外部サービスを呼び出すことで、文字の抽出を行います。
・需要予測プラグイン:商品データや納期などのパラメータを引き渡すことで、需要予測モデルの実行を行います。

 プラグイン機能は、随時提供範囲を増やしてまいります。


■「RPA×AI導入支援パッケージプラン」提供の背景
 RPAは年々活用が進んでおり、定型業務の自動化だけでなく、OCR技術、分析モデルやAIと結び付けることで適用範囲の高度化が可能となっています。その一方でAIという言葉やイメージが先行し、企業の担当者にとっては、どのような分野でRPAやAIを活用すれば良いかがわからないといった課題や、AI導入の費用対効果が図れないために導入に二の足を踏んでいるといった現状があります。
 ブレインパッドは、RPAの導入から立ち上げ、高度活用に至るまでトータルな支援を進めてまいりました。これらの経験を元に開発された「RPA×AI導入支援パッケージプラン」を活用することで、短期間でのRPA導入だけでなく、通常は人間の判断が必要な処理も自動化することが可能となります。

■「RPA×AI導入支援パッケージプラン」の特徴
・特徴①:業務の棚卸しからRPA化、高度活用支援までをトータルに支援
 どのような業務がRPA化に向いているのかなど、一歩踏み込んだ業務整理や棚卸しを行い、RPA導入の価値のお見積りや、高度活用のためのPOV(*2)を支援いたします。

・特徴②:RPAの高度活用を短期間で実現可能
 お客様ごとに必要とされるAI機能は異なりますが、「ブレインロボ(BrainRobo)」から呼び出せるプラグインを利用することで、短期間でRPAの高度活用を実現することができます。

・特徴③:内製化に必要な社内体制の立ち上げ支援
 RPA導入ノウハウの提供だけでなく、自社内で内製化できる体制の立ち上げ支援を行います。 

■「RPA×AI導入支援パッケージプラン」に含まれるサービス内容(*3)
・RPA、AIコンサルティング:現状業務のヒアリングおよび適用可能なAI技術の判断
・AIを活用したPoV実施サービス:コンサルティング結果を踏まえた、価値実証実験の支援

 また、「ブレインロボ(BrainRobo)」のRPA×AIプラットフォームを利用した高度活用ワークショップ(参加無料)の開催を、来年1月に予定しております。

■イベント情報
 2018年11月22日(木)に開催される日本最大級のRPAイベント【RPA DIGITAL WORLD Digital Robot CAMP 2018】にて、「RPA×AI導入支援パッケージプラン」についての講演およびブース内特設ステージでのライトニングトークを実施いたします。

●講演:RPA×AIのオーガナイザーが語るRPA高度活用の実態と勘所
日時/場所:2018年11月22日(木)10:30~11:10/ヒルトン東京お台場
セッション会場:デモ&セッション(ルームC)
詳細とお申込はこちら:https://rpa-bank.com/event/digitalworld/tokyo2018-autumn/#

●Exhibitionブース
同イベントに設置されたRPAテクノロジーズ株式会社のブース内特設ステージにて、「RPA×AI」をテーマにライトニングトークを実施します。
詳細とお申込はこちら:https://rpa-bank.com/event/digitalworld/tokyo2018-autumn/#exhibition


(*1)RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ソフトウェアロボットによる、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取り組みのこと。
(*2)PoV(Proof of Value:価値検証)とは、ある製品や技術、仕組みなどが、企業の業務や事業に導入する価値があるかどうかを検証すること。
(*3)サービス価格については、個別にお問い合わせ下さい。


■ご参考情報
●「ブレインロボ(BrainRobo)」について https://rpa.brainpad.co.jp/
 「ブレインロボ(BrainRobo)」は、人がPC上で行う作業を自動化するソリューションです。データ入力などの定型業務やウェブサイト情報の収集・調査といった、人が行っていた作業をノンコーディングで自動化・効率化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)に、ブレインパッドのAIや機械学習技術などを付加することで、人が判断しなければならない高度な業務の効率化も可能にしたものです。これまでのRPAではできなかった画像や自然言語などを対象としたサービス開発を容易にします。

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2018年9月30日現在)
従業員数:267名(連結、2018年9月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

●RPAテクノロジーズ株式会社について http://rpa-technologies.com/
本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
設立:2013年7月
代表者:代表取締役社長 大角 暢之
資本金:30百万円
事業内容:コンピュータ、その周辺機器及びそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務
情報処理サービス業および、コンサルタント業務
情報提供サービス業
マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

*本ニュースリリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発売日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ