• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッド、ヤマト運輸に「Rtoaster」を導入、 確度の高い顧客セグメント把握とPDCAサイクルの高速化を実現し、申込み件数5倍に
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、ヤマト運輸に「Rtoaster」を導入、 確度の高い顧客セグメント把握とPDCAサイクルの高速化を実現し、申込み件数5倍に
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、ヤマト運輸に「Rtoaster」を導入、
確度の高い顧客セグメント把握とPDCAサイクルの高速化を実現し、申込み件数5倍に
- お客様が求めるサービスを先回り提案する「For you」を実現 -

 株式会社ブレインパッドは、ヤマト運輸株式会社が運営する、ビジネス向け会員制ポータルサイト「ヤマトビジネスメンバーズ」に、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP(*1)「Rtoaster(アールトースター)」を導入したことを発表いたします。

 「ヤマトビジネスメンバーズ」は、2018年4月に実施したWebサイトのリニューアルにおいて、93万社の多様な属性を持つお客様へ最適なサービスを提案するための新機能である「For you」を追加しました。これにより、お客様が必要とするサービスを先回りしてご提案するビジネスポータルサイトというコンセプトを実現しています。

■すべてのお客様に同一の画面を見せていた状態から、パーソナライズされたサイトへ
 「ヤマトビジネスメンバーズ」は、お客様にもっと幅広くそして最適なサービスを提供すべきだと考えていましたが、以前のサイトでは、すべてのお客様に同一の画面を見せており、そのコンセプトを実現できないと感じていました。

 そこで、「Rtoaster」を活用し、お客様がヤマトビジネスメンバーズにログインすると、お客様の属性や利用履歴に応じて最適なサービスが表示され、お客様がより必要であろうサービスはポップアップでも提案されるようにしました。これらの施策により、サービス申込み件数が5倍となる大きな成果を実現しています。
 これらの「For you」機能を実現するにあたり、施策実行のためのより効果的なユーザー理解と、施策の効果測定およびPDCAサイクルの高速化のために、「Rtoaster」の「ユーザー分析機能」と「レポート自動化サービス」(*2)が活用されています。

■データ分析サービスを用い、顧客セグメント把握とPDCAサイクルを高速化
 マーケティング施策を成功させるには精緻なセグメント設定が必要になりますが、ヤマトビジネスメンバーズでは93万社の顧客情報と30以上のサービスを掛け合わせる必要があるため、セグメント設定だけでも運用の負担になります。
 「Rtoaster」の「ユーザー分析機能」を利用することで、サービスページ毎にお客様のボリュームや情報を把握することができます。これにより膨大な数のセグメントを作成しなくても、確度の高いセグメントを優先的に狙って施策を展開することが可能となりました。

 上記に加えて、ブレインパッドの「レポート自動化サービス」を利用することで、「Rtoaster」の管理画面からだけでは取得できないログデータ等を加えたレポートを手間をかけずに得ることができるので、施策の効果測定やPDCAサイクルを速く回すことができています。

■ヤマト運輸株式会社 リテール営業部 杉浦 兼久様のコメント
 ヤマト運輸株式会社が運営する、ビジネス向け会員制ポータルサイト「ヤマトビジネスメンバーズ」では「もっと幅広く最適なサービスをお客様に提供したい」というコンセプト実現のために、Webサイトリニューアルにおいて「For you」機能を作りたいと考えていました。一度は自社での開発を考えたものの、技術的なハードルから断念し、数多くのベンダーを比較した中で「Rtoaster」を導入しました。導入の理由は、お客様一人ひとりにふさわしいサービスをご提供するために私たちが考えていた施策を柔軟に行え、弊社ならではの細かいビジネス要件にマッチするパーソナライズが実行できそうだと思ったからです。
 これまではアクティブ率、CTRといった「数字」でお客様を把握していた印象でしたが、Rtoasterの「ユーザー分析機能」と「レポート自動化サービス」を活用したことで、お客様の「顔」や「興味」をイメージできるようになった印象があります。
 今後は、お客様と「顔」の見える関係を築いているヤマト運輸株式会社の6万人のドライバーと、「ヤマトビジネスメンバーズ」で得たお客様の行動を連携して、例えば、Webサイト上でリアクションがあった方だけにドライバーからサービス紹介チラシを配る、といった方法で、本当の意味でのパーソナライズを実現したいと考えています。

■ヤマト運輸による「Rtoaster」活用方法の詳細を、導入事例として公開しています。
 ぜひご覧ください。
 URL:https://www.rtoaster.com/cases/detail14.html


(*1)DMP(Data Management Platform)とは、広告主・メディア・ECサイトなどが保有するさまざまな大量データを収集・分析し、主にマーケティング用途での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。
(*2)「ユーザー分析機能」「レポート自動化サービス」は有料プランです。

■ご参考情報
●「Rtoaster(アールトースター)」について http://www.rtoaster.com/
 「Rtoaster」は、ブレインパッドが開発・提供する最先端のレコメンドエンジンが搭載されたプライベートDMPです。データの蓄積・管理から、スマートフォンアプリ/ウェブサイト/デジタル広告/メールなどの多様な顧客接点におけるパーソナライズアプローチ、行動ターゲティング/レコメンドといったアクションまで、デジタルマーケティングを強力にサポートします。複数のチャネルを横断した最適な顧客コミュニケーションを高度かつ精緻に行うことが可能な、国内最大規模のプライベートDMPとして、250社以上のさまざまな企業に導入・活用いただいております。
 また、ツールの提供に留まらず、豊富な経験を有するデジタルマーケティングコンサルタントによる導入・運用支援(要件定義からKPIの設計、施策の設計・実行、効果測定・改善案の提示)までをトータルに提供しております。

●ヤマト運輸株式会社について http://www.kuronekoyamato.co.jp/
本社所在地:東京都中央区銀座2-16-10
設立:2005年3月31日
代表者:代表取締役社長 長尾 裕
資本金:50,000百万円
従業員数:171,898名(2018年3月15日現在)
事業内容:「宅急便」など各種輸送に関わる事業

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2018年9月30日現在)
従業員数:267名(連結、2018年9月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発売日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

 

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ