• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッド、横浜銀行のダイレクトチャネル高度化に「Rtoaster」を活用、PV数13.7%増加に貢献
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、横浜銀行のダイレクトチャネル高度化に「Rtoaster」を活用、PV数13.7%増加に貢献
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、横浜銀行のダイレクトチャネル高度化に「Rtoaster」を活用、PV数13.7%増加に貢献

 株式会社ブレインパッドは、株式会社横浜銀行にて、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP(*1)「Rtoaster(アールトースター)」(※)の活用を支援し、ウェブサイトにおいても実店舗のようなきめ細かなOne to One対応の推進に貢献したことを発表いたします。
(※)「Rtoaster」は、氏名・メールアドレス・住所等の個人を特定できる情報は取得しておりません。

 横浜銀行は、神奈川・東京を中心に208店舗(※)のネットワークを持つ首都圏型の地方銀行としてサービスを提供しています。(※2019年6月時点)

 横浜銀行は、ウェブサイト、インターネットバンキングを利用するお客様が増えたことを受け、2000年代の早い段階からダイレクトチャネルの開設と高度化を進めてきました。
 そして、ウェブサイトをはじめとするダイレクトチャネルでも、実店舗と同じようにお客様のライフステージ、ライフスタイルにあわせたOne to One対応の実現を目指し、2015年に「Rtoaster」を導入しました。その後、ブレインパッドのデジタルマーケティングコンサルタントと共に施策を企画・実行し、直近では、ログインページのPV数13.7%向上を実現いたしました。

■お客様のニーズを理解し、先回りしたコンテンツ表示
 横浜銀行は「Rtoaster」を用いて、お客様の各商品ページの閲覧履歴に応じてメインビジュアルのメッセージを出し分けるほか、商品ページへの流入経路別にコンテンツの出し分けなどを行っています。また、インターネットバンキングの利用経験に応じてログインページのパーツやボタンの配置を変更する施策を行い、お客様の望む情報を先回りして予測し、一人ひとりにふさわしい情報提供を実現しました。

■マイページへのリニューアルでPV数が13.7%増加
 横浜銀行は、ダイレクトチャネルにおけるOne to One対応をさらに推し進めるため、インターネットバンキングのログインページを、お客様一人ひとりに最適なサービスを提案するための「マイページ」としてリニューアルしました。このリニューアルにおいて、「Rtoaster」の基本機能を活用した施策を実施し、リニューアル前と比較してPV数が13.7%増加しました。
 今回取り組んだ施策は下記のとおりです。

・興味に応じたおすすめコンテンツを表示
 マイページに初めて訪問したお客様に対しては、興味のあるテーマを選択するためのポップアップ表示を実施し、選択したテーマに関連したコンテンツがマイページ上に並ぶ施策を行いました。その結果、約50,000件におよぶテーマが登録されました。
・お気に入り機能
 横浜銀行のウェブサイトにある各商品ページのうち、お客様が気になるページを「お気に入り」として登録することを可能にしました。これは、ECサイト等で商品をカートに入れるための「Rtoaster」の基本機能を応用して実現しています。

■株式会社横浜銀行による「Rtoaster」活用方法の詳細を、導入事例として公開しています。
 ぜひご覧ください。
 URL:https://www.rtoaster.com/cases/detail22.html


(*1)DMP(Data Management Platform)とは、広告主・メディア・ECサイトなどが保有するさまざまな大量データを収集・分析し、主にマーケティング用途での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。


■ご参考情報
●Rtoaster(アールトースター)」について http://www.rtoaster.com/
 「Rtoaster」は、ブレインパッドが開発・提供する最先端のレコメンドエンジンが搭載されたプライベートDMPです。(なお、氏名・メールアドレス・住所等の個人を特定できる情報は取得しておりません。)データの蓄積・管理から、スマートフォンアプリ/ウェブサイト/デジタル広告/メールなどの多様な顧客接点におけるパーソナライズアプローチ、行動ターゲティング/レコメンドといったアクションまで、デジタルマーケティングを強力にサポートします。複数のチャネルを横断した最適な顧客コミュニケーションを高度かつ精緻に行うことが可能な、国内最大規模のプライベートDMPとして、250社以上のさまざまな企業に導入・活用いただいております。
 また、ツールの提供に留まらず、豊富な経験を有するデジタルマーケティングコンサルタントによる導入・運用支援(要件定義からKPIの設計、施策の設計・実行、効果測定・改善案の提示)までをトータルに提供しております。

●株式会社横浜銀行について https://www.boy.co.jp/
本社所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号
設立:1920年12月16日
代表者:代表取締役頭取 大矢 恭好
資本金:2,156億28百万円(2019年3月31日現在)
従業員数:4,622人(2019年3月31日現在)
事業内容:銀行業

●株式会社ブレインパッドについて https://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 草野 隆史
資本金:332百万円(2019年3月31日現在)
従業員数:283名(連結、2019年3月31日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ