• HOME
  • ニュースリリース
  • ブレインパッド、りそなHDの“DX自走化”のパートナーとして、 中核組織を立ち上げ期より支援、 金融商品の購入率が2倍超に向上するなどの成果を創出
NEWS RELEASE

ニュースリリース

ブレインパッド、りそなHDの“DX自走化”のパートナーとして、 中核組織を立ち上げ期より支援、 金融商品の購入率が2倍超に向上するなどの成果を創出
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレインパッド、りそなHDの“DX自走化”のパートナーとして、中核組織を立ち上げ期より支援、
金融商品の購入率が2倍超に向上するなどの成果を創出

 株式会社ブレインパッドは、株式会社りそなホールディングス(以下、りそなHD)のデジタルトランスフォーメーション(DX)を牽引する「データサイエンス室」の立ち上げおよび自走化を支援し、同室とのコラボレーションにより数々のビジネス成果を創出していることを発表いたします。
 ブレインパッドは、DX推進の専門組織として設立されたりそなHDの「データサイエンス室」の立ち上げ・自走化支援に加え、当社の専門性を活かした受託分析業務も実施しており、両者で取り組んだ金融商品の販売促進施策では、金融商品の購入率が2倍に向上するなどの成果が生まれています。

■専門組織の立ち上げとデータ活用の自走化を支援し、各種施策の効果が大幅に改善
 りそなグループの持株会社であるりそなHDは、顧客のこまりごとやさまざまな社会課題に“共鳴(レゾナンス)”することで新たな価値の創出を目指しており、数年前からDX(デジタルトランスフォーメーション)によるビジネス変革に着手しました。
 それ以降、業界では異例の高いアクティブ率を誇る「りそなグループアプリ」(スマートフォンアプリ)や、リアル店舗の利便性を高める「セルフ端末」などが誕生しており、銀行業で唯一「デジタルトランスフォーメーション銘柄(*1)2020」に選出されるなど、その取り組みは業界内外から高く評価されています。

 りそなHDは、これらの個々のサービスの立ち上げにとどまらず、より俯瞰的にビジネスを高度化させるために、「データ」の重要性に注目しました。そして、さまざまなデータをサービスの継続的改善、新規サービスの創出やマーケティングの高度化に生かしていくために、その中核を担う専門組織として、「データサイエンス室」を設立しました。
 ブレインパッドは、この「データサイエンス室」の設立に伴い、専門性を活かした高度なデータ分析業務はもちろん、この組織の立ち上げとデータ活用の自走化に取り組むパートナーに選ばれました。

 データサイエンス室とブレインパッドの取り組みにより、分析結果に基づく新たなセグメントを用いたダイレクトメール施策で金融商品の購入率が2倍以上となったほか、スマホアプリ上の行動データの分析結果を基に新たな切り口で実施した提案活動では以前の約2倍の成約を達成するなど、数々の成果が生まれています。

■株式会社りそなホールディングス オムニチャネル戦略部 部長 伊佐 真一郎様からのコメント
 りそなHDは、お客さまのこまりごとやさまざまな社会課題に“共鳴(レゾナンス)”し新たな価値の創出を目指す「レゾナンス・モデル」の実現に向け、DXに取り組んでおります。
 私たちは、お客さまのこまりごとを先回りして新サービスを開発したり、サービスの改善サイクルを高速に回すために、自社の社員がデータ活用を実践できるようになることにこだわっています。この取り組みを牽引する「データサイエンス室」の立ち上げにあたり、データ活用の専門知識だけでなく、プロジェクトマネジメントや必要なIT環境の提案・整備、人財育成、自走化に向けたスキルトランスファーまでを支援してくれる存在が必要であると考え、この幅広い条件に合致する多様なノウハウを持ち合わせているブレインパッドをパートナーに迎えました。
 ブレインパッドは、DXに取り組む同志として非常に心強い存在です。ブレインパッドの支援により「データサイエンス室」の立ち上げ以降の実績が社内でも認められ、2021年春からは「データサイエンス部」として組織を拡大・運営していくこととなります。
 今後は、より広い視野でアプリや店舗などの多様なデータの利活用を進めるとともに、データ活用により銀行の枠を超えた社会課題の解決にも貢献していきたいと考えています。引き続きブレインパッドには、サービスを受ける側・提供する側という関係性を超えて、りそなグループのDXを支援いただきたいと期待しています。

 日経ビジネス電子版、日経クロステックに、より詳細な記事を掲載しております。
 ぜひご覧ください。
 https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/ONB/21/brainpad0311/


(*1)デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)とは、経済産業省と株式会社東京証券取引所が共同で選定する上場銘柄のこと。デジタル技術を前提としてビジネスモデル等を抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化に取り組む企業が選定されている。


■ご参考情報
株式会社りそなホールディングスについて
東京本社所在地:東京都江東区木場1丁目5番65号 深川ギャザリア W2棟
設立:2001年12月
代表者:取締役兼代表執行役社長 南 昌宏
資本金:504億円(2020年9月30日現在)
従業員数:1,028名(2020年3月31日現在)

株式会社ブレインパッドについて 
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 草野 隆史
資本金:597百万円(2020年12月31日現在)
従業員数:382名(連結、2020年12月31日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ