DOORS DX

ベストなDXへの入り口が
見つかるメディア

【AI導入事例】高精度な勤務シフト作成の自動化(オーエムネットワーク株式会社)

公開日
2020.10.30
更新日
2024.03.07

※本記事は、ブレインパッドが運営する人工知能ブログ「+AI」に掲載されている記事の転載版になります。

店舗シフト作成時に考慮する条件(繁閑、休日数、曜日など)が多く、熟練者が手作業で作成する場合に多くの工数がかかっていましたが、シフト管理システムへ数理最適化技術を活用することで、これらの工数を削減しつつ、高精度な勤務シフト作成の自動化を実現。

参考:ブレインパッド、AIにより熟練者遜色ない高精度な勤務シフト作成の自動化を実現

Solution:解決策

本システムが目指す方向性や現行の課題をふまえて、さまざまなAI・数理最適化技術の適用可能性を検討しました。その上で、まずは「最適なシフトの作成」を数理最適化技術で実現できることを確認し、さらにアプローチ方法や実装方法の検討・設計を行い、システムへの実装の支援を行いました。この取り組みはブレインパッドの提供するAIパッケージサービス『機械学習/ディープラーニング活用サービス』でのワークショップやPoC、コンサルティングを通して実施しており、お客様が当初想定されていたよりも短期間で実装まで完了しました。


Subject:課題

これまでは、勤務シフトシステムを導入する際、個別の要望やその企業特有の事情などを詳細にヒアリングし、個別にカスタマイズを行っていました。しかしながら、そのカスタマイズには多くの時間とコストを要することから、自動で高精度の勤務シフト表を作成できるシステムを開発したいと考え、先進技術の導入を検討してきました。


Achievement:導入後の成果

・繁閑、休日数、曜日、労働条件など、様々な制約条件を満たした上で、余剰人員が最少となる勤務シフトをすばやく作成
・各店舗の要望に対応するための個別カスタマイズ工数を抑制し、スムーズな導入と活用を実現
・店舗のシフト作成業務が軽減され、担当されていた熟練スタッフの離職リスクに対応でき、本来の業務に対応できる環境を実現


このページをシェアする

あなたにおすすめの記事

Recommended Articles

株式会社ブレインパッドについて

2004年の創業以来、「データ活用を通じて持続可能な未来をつくる」をミッションに掲げ、データの可能性をまっすぐに信じてきたブレインパッドは、データ活用を核としたDX実践経験により、あらゆる社会課題や業界、企業の課題解決に貢献してきました。 そのため、「DXの核心はデータ活用」にあり、日々蓄積されるデータをうまく活用し、データドリブン経営に舵を切ることであると私達は考えています。

メールマガジン

Mail Magazine