DOORS DX

ベストなDXへの入り口が
見つかるメディア

【AI導入事例】機器のログデータ活用

公開日
2020.10.30
更新日
2024.03.07

※本記事は、ブレインパッドが運営する人工知能ブログ「+AI」に掲載されている記事の転載版になります。

機器の蓄積ログデータを整備・分析し、故障予知や営業活動に活用しました。故障予知によってメンテナンス効率が改善し、また利用状況に応じたアップセル・クロスセルをメンテナンス時に展開することができ営業活動の効率化、売上にも貢献しました。

Solution:解決策

機器に蓄積されているログデータは複数項目あり、データの質・量ともに分析が可能かどうかのデータアセスメントを行いました。そして分析ができるようデータを整備・整形した上で、項目間の相関やグループ間の比較検証といった分析を実施しました。最終的には故障予測モデルを構築し、実務レベルで使用することができるかどうか確認するためモデル検証まで支援しました。


Subject:課題

蓄積されたログデータの活用を目指されていたものの、それらのデータの内容・項目・量が活用目的を実現する上で適切であるかの検証ができず活用が進んでいませんでした。また、機器が故障する前にメンテナンスをした方が作業工数も削減できるため、適切なタイミングでメンテナンスを行えるよう故障を予知することが急務になっていました。


Achievement:導入後の成果

・機器の故障予測によるメンテナンス効率の改善
・機器の利用状況に応じたアップセル・クロスセルによる顧客満足度や売上の向上
・製品開発への知見に貢献


このページをシェアする

あなたにおすすめの記事

Recommended Articles

株式会社ブレインパッドについて

2004年の創業以来、「データ活用を通じて持続可能な未来をつくる」をミッションに掲げ、データの可能性をまっすぐに信じてきたブレインパッドは、データ活用を核としたDX実践経験により、あらゆる社会課題や業界、企業の課題解決に貢献してきました。 そのため、「DXの核心はデータ活用」にあり、日々蓄積されるデータをうまく活用し、データドリブン経営に舵を切ることであると私達は考えています。

メールマガジン

Mail Magazine