DOORS DX

ベストなDXへの入り口が
見つかるメディア

【AI導入事例】売上・客数予測による販促計画策定

公開日
2020.10.30
更新日
2024.03.07

※本記事は、ブレインパッドが運営する人工知能ブログ「+AI」に掲載されている記事の転載版になります。

これまで担当者の経験に大きく依存していた売上/来店客数予測業務について、過去の売上データやカレンダー情報に基づいて店舗タイプごとの高精度の予測モデルおよび予実リポートを自動で提供できる環境・仕組みを構築。クライアントの計画立案からプロモーションプランニングの意志決定をご支援しました。

Solution:解決策

売上・客数の予測に関しては使用できる過去のデータ(変数の数)が限られていたため、カレンダー情報(曜日、学校休日、連休など)やプロモーション情報(クーポン、新商品、プレゼントなど)を工夫して用いることや、複数の機械学習手法をハイブリッドで用いることで、高精度な予測を実現しました。
また、プロモーション実施時の想定効果をシミュレーションするツールを開発し、施策検討をデータに基づいて行えるよう支援しました。


Subject:課題

年間100近いプロモーションのプランニング業務を行っている外食チェーン様。効果的なプロモーションを実施する為には、常に高い精度の将来予測が必要となりますが、従来の予測は担当者の手作業で行われており、その精度向上や効率化に限界を感じていました。そのため、高い精度で、かつ細かい粒度の予測が即時に行えるように予測を自動化することが課題となっていました。


Achievement:導入後の成果

高精度な需要予測の実現により、下記の成果を得ることができました。
・需要予測結果に基づく経営状況の精緻な把握
・打つべきプロモーションの立案支援(プロモーション実施時の売上貢献効果シミュレーション)
・プロモーションに連動した原材料の仕入れと各店舗の人員配置の最適化


このページをシェアする

あなたにおすすめの記事

Recommended Articles

株式会社ブレインパッドについて

2004年の創業以来、「データ活用を通じて持続可能な未来をつくる」をミッションに掲げ、データの可能性をまっすぐに信じてきたブレインパッドは、データ活用を核としたDX実践経験により、あらゆる社会課題や業界、企業の課題解決に貢献してきました。 そのため、「DXの核心はデータ活用」にあり、日々蓄積されるデータをうまく活用し、データドリブン経営に舵を切ることであると私達は考えています。

メールマガジン

Mail Magazine