製造業界のDX関連記事10選【2022年5月】

DX(デジタルトランスフォーメーション)の波は、製造業にも押し寄せてきています。AIや機械学習などの最新テクノロジーを活用して、事業やサービスを根本から変革させている事例が日本でも出てきているのです。

その一方で、「DX=デジタル技術の導入」のような誤解もあり、DXをうまく推進できない企業も少なくありません。今回は、DX推進で陥りがちな課題、DX成功事例など、製造業がDXを推進するために参考になる記事をたっぷりご紹介します。ぜひご覧ください。

製造業がDXを進める必要性とは?

経済産業省が日本の製造業についてまとめた「ものづくり白書(製造基盤白書)」において、年々DXの存在感が増しています。研究開発から設計、開発、生産に至るエンジニアリングチェーン、サイバーセキュリティ、5Gなど、製造業に関わりの深い各領域について触れられており、製造業におけるDXへの理解を深めることができます。

以下の記事は、参考になる箇所をものづくり白書から抜粋して整理したものです。日本の製造業の現状と課題について、ぜひ参考にしてください。

DX人材の育成はどうする?

DX推進のために、人材の育成は欠かせません。IT人材の不足感は強まるばかりで、外部から必要な人材を容易に調達できる状態ではないからです。大企業より知名度に劣る中小企業では、なおさらDX推進に適した人材を首尾よく採用できる可能性は低いでしょう。

その一方で、人材を育成することも簡単ではありません。必要なスキルセットと目標の定義、高度な技術力を身につけさせる講師やカリキュラムの準備など、自社で進めるにはハードルが高いのではないでしょうか。

ここでは、人材育成のポイントをまとめた記事2本をご紹介します。ものづくり白書で製造業に求められるDX人材の基本を押さえるとともに、ブレインパッドの経験から抽出した「成功ポイント」を理解しましょう。

製造DXで活用されている機械学習・AIの技術とは?

機械学習やAIといった言葉を聞いたことはあっても、製造業でこうしたテクノロジーをどのように応用すればよいのかわからないという方が多いかもしれません。多種多様な技術がありますが、特に画像系の作業へ応用するための技術が盛んに研究・開発されています。

ブレインパッドの経験をベースに、画像認識技術や3Dデータの活用事例、導入ポイントについてまとめた記事2本をご紹介します。最新技術を製造業のビジネスに結びつけるための考え方をインプットしていただければと思います。

製造DXにいち早く取り組んだ企業は何をしている?

自社でDX推進へ取り組むに当たって、同業他社や類似の状況に置かれた企業の事例はとても参考になるでしょう。ここでは、ブレインパッドがお客様と一緒に取り組んだプロジェクト事例をご紹介します。

まとめ

テクノロジーやデータの力を取り入れるためには、「ビジネスをどう変革したいのか」という目的意識を持つことが求められます。DXが自社にどう役立つのか、具体的なイメージを事前に持たなければなりません。

今回ご紹介した記事は、いずれもDXのイメージを具体化してくれるものばかりです。ぜひ製造業を取り巻く現状からDX事例まで念頭に置いたうえで、DX推進に取り組んでいただければ幸いです。

DX人材に関しては下記の記事も是非ご覧ください。

DX時代に不可欠な、データ活用人材を育成するコツとは~累計4万人以上の育成経験を通して見えてきたこと~

DX人材とは?~必要な役割やスキル、人材育成やチーム組成のあるべき姿を解説~

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは何か?意味やIT化との違いをわかりやすく解説。DX推進ポイント、事例など

WRITER執筆者プロフィール

株式会社ブレインパッド

DOORS編集部

ブレインパッドのマーケティング本部が中心となり、主にDXにまつわるティップス記事を執筆。
また、ビジネス総合誌で実績十分のライター、AI、ディープラーニングへの知見が深いライターなど、外部クリエイターの協力も得て、様々な記事を制作中。

MAIL MAGAZINEメールマガジン

イベントやセミナーの開催予定、
最新特集記事の情報をお届けいたします。

TREND人気ワード・タグ

BEST PRACTICEベストプラクティス

ベストなDXへの入り口が見つかるメディア

DOORS

BrainPad

MAIL MAGAZINEメールマガジン

登録が完了しました。

メールマガジンのご登録ありがとうございます。
最新特集記事の情報をお届けしますので、
お楽しみにお待ちください。

MAIL MAGAZINEメールマガジン

登録エラーです。